無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

355
2021/01/15

第3話

🥀🥀
〜さかのぼること中学一年生の時〜













生徒
頑張れーーーーーー!!!!







飛び交うたくさんの声援と笑顔で溢れる体育祭。

















一年生にとっては最初の体育祭。三年生にとっては最後の体育祭だった。

















_______




その時、












生徒
おお!!アンカーが抜かしたぞ!!!







生徒側の応援席から一気に生徒達が立ち上がり、これでもかと言わんばかりの声援を飛ばす。












もちろん私も声を張り上げ応援をした。


















その時、アンカーが1番のゴールテープを切った。







先生
「1位!3年〇組!〇〇〇〇!!」
生徒
「ワアアアアア!!!!!!!!!!」






一斉に生徒達から歓声が上がる。














__その時、アンカー...__先輩は満面の笑顔と共にピースを向けこう言った。





























先輩
先輩
「勝ったぞーーーー!!!!」