無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

🥀
「いらっしゃいませ〜!可愛いですねー!こちらへどうぞ〜」


















扉を開けた瞬間営業スマイル満載で迎えてくれたホストさん






















ぐぅは、、、

















自然と目で追ってしまう私
























うわぁ、多すぎて分からないけど今は休憩?なのかな



















「誰を指名しますかー?」






















ハラ
ハラ
えっと、あの、Jungkookさんを、、、
you
you
え!?














うそ、予感が当たっちゃった──




















これは、ヤバいんじゃないの?

















next.