無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第73話

二人の決意
なーに浮かない顔してんの
遊馬
うっせーな、なんだよ姉貴
玲奈ちゃんのこと気にしてるの?
遊馬
ちげーよ
言っとくけど、あんたが玲奈ちゃんのこと好きなのは昔から知ってるし
あんたが学校で爽やか王子を偽ってるのも知ってる
遊馬
……な、
だって昔から分かりやすいのよ、あんた
遊馬
……(そんな出てるのか)
うん
遊馬
あぁ、もうめんどくせ、
あの事故のことだって、まだ言えてないんじゃないの?
遊馬
そーだよ
遊馬
まだ玲奈は知らない方がいい、
言っとくけど、玲奈ちゃんだって、ちょっとは遊馬に気使ってるんだからね
多分だけど
遊馬
わかってる、
遊馬
だから俺に、記憶についてはポジティブに返すんだ
遊馬
玲央にも
ふーん
でもあの事故、玲奈ちゃん、玲央くん、あんただけじゃないでしょ
名前……なんだっけ
結構クールに感じの子と大人しい感じの子だったと思うんだけど、
遊馬
あの事故の日、その二人も一緒に遊んでたよ、
遊馬
ほら、蝶の森で
蝶の森はあんた達が勝手につけた名前でしょ
大体あそこは森じゃなくて林
森は自然にできたものだし、林は人の手が入ってるものだから全然違うわ
玲央
角田林(すみだばやし)、だったよね?
玲央がふと言った。
遊馬
玲央、
玲央くん??
相変わらずかわいい顔ね、弟が選べるなら絶対、玲央くんだったな〜
遊馬
おい、!
玲央
遥さん、お久しぶりです
うん、久しぶり
ちょうど今、あの森の話してたの
玲央
僕、遊馬と話そうと思ってたのでちょうどいいです
遊馬
珍し、
玲央
角田林は今も出入り禁止だったよね?
一度事故が起きたんだからそりゃあね
玲央くんは記憶があるんだ?
玲央
嫌というほど、
遊馬
……お前のせいじゃねーよ
遊馬
あれは
遊馬
本当に事故だったんだ
……確か、、
一人、転落したって聞いたけど
玲央
……!!
遊馬
あぁ、命には問題なかったけど
遊馬
それで記憶が二人もないんだ、
二人、?
落ちたのは一人じゃ、、
遊馬
そのショックが強すぎたんだ、
遊馬
まだ小学三年生だったんだ、俺らや玲奈は
待って、
あとの二人って、、
同い年じゃなかったの!?
遊馬
一個下、
そっか、、
遊馬、、
玲央くん、、
玲央
…っ、、
今まで苦しかったでしょ、、?
玲央
っ、、
玲央は涙を流していた。
遊馬
……
もうやめよう?
こんなの、、誰かの攻め合いになるだけよ
玲央
……僕はっ
遊馬
嫌だね
遊馬
俺らは絶対、もう一度幼馴染に戻るんだ、
遊馬
二人の記憶も戻すし、誤解も解くんだ
遊馬
そうだろ、玲央!
玲央
あぁ
玲央
これはもう絶対なんです、遥さん
そっか。
ふーん
へぇ〜
あんた達も強くなったのね
玲央
はい!
遊馬
もちろん、
二人の声が大きく響いた。