無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4(めちゃくちゃ短い)
そのころ伝導者(敵)では……
伝導者
あの御方って第3世代なんだよな
伝導者
俺達は無能力者だもんな
伝導者
武器が有る位だもんな
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
何話てるの?
伝導者
な、乃夏様!?
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
そうだよ~乃夏だよ~
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
で、何話してるの~?
伝導者
い、いえ、何も
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
そうか~
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
でも、象の悪口言ったら…
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
分かるよな?
伝導者
は、はい
しょう 日下部
乃夏…
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
あ!象!
しょう 日下部
何やってる
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
ごめんね~
しょう 日下部
はぁ
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
そんな、呆れたような
感じしないでよ~
しょう 日下部
…………
_乃夏@ないか_
乃夏ないか
スルーしないで~
タッタッタッタッタッ
伝導者
……乃夏様って本当に象様好きだよな
伝導者
本当にな
伝導者
でも、それをやめてと言わない象様
伝導者
優しい(?)
このころの伝導者は炎の適合者を探していた
ーーーー次回へ続くーーーー