無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2018/09/01

第4話

ごめんね柚
私は、学校でもみんなから無視された。
柚があることないこと言ったからだ。
でも、知らなかったとはいえ柚の好きな人奪ったようなもんだから仕方がないのかもしれない。酷いいじめが私を襲った。でも、裕哉だけは一緒にいてくれた。裕哉は、周りの人の誤解を解くために男子に真実を言ってくれたおかげで男子とは和解できた。しかし、問題は女子だ。裕哉は、クラスで1番モテていたから柚以外の女子には誤解を解くために色々言ってくれた。柚以外の女子とは和解できた。でも、肝心な柚は、私を居ないものとして扱っていた。ずっと仲良くしてくれた友達だからショックだった。辛かった。柚にLINEをしてみた。
😝Kanappi😝
😝Kanappi😝
柚、本当にごめんね。知らなかったの。お願い、また一緒に遊びに行こうよ。
🍬Yuzu🍬
🍬Yuzu🍬
あんた、人の好きな人奪っておいてよくしれっと私にLINEしてきたわね。本当ムカつく
😝Kanappi😝
😝Kanappi😝
柚...本当にごめん
           それ以来柚から返事は来なかった。