無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

初めての___
私はすぐさま夏実に相談した。

だって…初めての恋だから

どうすればいいかなんて分からない。

なのに。

真剣に相談してるのに

夏実は
早坂夏実 ハヤサカナツミ
告白すれば良いじゃん。大丈夫振られないよ。
いやいやいや夏実さん、何をおっしゃる。

快斗は今までに何人の女子を振ってきたと思っているの。

あの学年1可愛いと言ってもいい桃香ちゃんも振ってるんですよ??

なのに私がOKされるなんて…

どう考えてもないでしょ?!
早坂夏実 ハヤサカナツミ
愛佳、あんた幼馴染でしょ??今まで一緒にいて好きな人とか分からないの?
坂井愛佳 サカイマナカ
分かるわけないじゃん。そういう話してこなかったし。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
雰囲気とかでわかんないの??
なんか…口調的に夏実、快斗の好きな人知ってるのかな
坂井愛佳 サカイマナカ
夏実は快斗の好きな人知ってるの??
早坂夏実 ハヤサカナツミ
うんわかりやすい。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
ていうかほとんどみんな気づいてると思う。
坂井愛佳 サカイマナカ
まじで!?
あろう事かみんな知ってるのか、
坂井愛佳 サカイマナカ
誰??笑
早坂夏実 ハヤサカナツミ
自分で確かめな。
ぇぇええ夏実さんそこまで来てそれは無いですよ。
坂井愛佳 サカイマナカ
じゃあ聞いてみる。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
ド直球だな笑

多分教えてくれないと思うけどね笑(ボソッ)