無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

頑張りすぎ!
私はあれからみんなのために頑張ろうと、


編集を頑張っている!



(マサイに負けないようにね!)
マサイ
マサイ
ねぇあなた?最近頑張り過ぎじゃない?
あなた

そうかな?

モトキ
モトキ
そうだよ!俺らの方が休んでるぐらいだよ?
ンダホ
ンダホ
365日編集してるでしょ!
ペケたん
ペケたん
ちゃんと休みなよ?
あなた

みんな…
ありがと!

あなた

じゃあ今日は帰るね!バイバイ!

みんな
みんな
じゃあな!
でもな…
翌日
あなた

(シルク、行ってくるね。)

あなたはシルクの蔓延の笑みがこぼれる写真を見ながらそう心の中で呟いた。
in モトキhouse
あなた

もっきゅん、来たよ。

モトキ
モトキ
あなた。今日も来たの⁉︎
あなた

えっ、うん。(やば!熱っぽい…)

モトキ
モトキ
顔赤いよ?
あなた

そ、そうかな?

あなた

でも大丈夫だよ?

モトキ
モトキ
ならいいけど…
あなた

(よしっ!編集っと!)

奥ではンダホ、モトキ、マサイのメンバーで撮影をしていた。
やば。もう無理だ。しんどい。
バタッ
モトキ
モトキ
ねぇ今なんか聞こえなかった?
マサイ
マサイ
だよな!
ンダホ
ンダホ
なんか落ちちゃったかな?
モトキ
モトキ
ちょっと見てくんね。
マサイ
マサイ
分かった!
モトキ
モトキ
えっ…あなた⁉︎
ンダホ
ンダホ
どうしたの?そんなでかい声出sh…
ンダホ
ンダホ
あなた、あなた!
マサイ
マサイ
何があったんだ?
モトキ
モトキ
あつっ!熱あるじゃん。マサイ、体温計!
マサイ
マサイ
はい。
39.8度
ンダホ
ンダホ
えっ?
モトキ
モトキ
もう一回測るわ。
39.9度
マサイ
マサイ
上がった…
モトキ
モトキ
急いで冷やそう!だほ!氷!
ンダホ
ンダホ
ちょっと待ってて!
モトキ
モトキ
(なんで無理すんだよ…
なんであんな笑顔なんだよ…)
ンダホ
ンダホ
もっきゅん?もっきゅんこそ大丈夫?
モトキ
モトキ
大丈夫。ありがとな。
1時間後…