無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

あれ⁉︎
LINEで
モトキ
モトキ
今日暇なやつ〜?
モトキ
モトキ
🙋‍♂️
ンダホ
ンダホ
🙋‍♂️
マサイ
マサイ
🙋‍♂️
ペケたん
ペケたん
無理。ごめんっ!
ザカオ
ザカオ
俺ダンスだ…悪いな。
ダーマ
ダーマ
俺、会社…
あなたのことよく見てきて。
モトキ
モトキ
分かった。じゃあ俺、マサイ、ンダホでいこ。
9:30にあなたの家の前で。
ンダホ
ンダホ
はーい!
マサイ
マサイ
9:30
ンダホ
ンダホ
ごめん!遅れた!
マサイ
マサイ
遅れてないよ。
モトキ
モトキ
ギリギリセーフ。
ンダホ
ンダホ
ほんと⁉︎よかった!
モトキ
モトキ
じゃあ行こっか!
マサイ
マサイ
おう!
ンダホ
ンダホ
行こ行こ!
ピーンポーン
あなた

(こんな時間に…誰だろ?)

あなた

はーい。

ンダホ
ンダホ
あなた。
マサイ
マサイ
ちょっといいか?
あなた

うん、入って。(ニコッ)

モトキ
モトキ
(その笑顔に惚れたんだな、俺は。)お邪魔します!
ンダホ
ンダホ
あなたの家綺麗だな。
凄い!
あなた

そう…かな///?

モトキ
モトキ
ほんとだよ!
あなた

それで用は?

マサイ
マサイ
あなたに笑顔が戻ったかなって。
あなた

えっ?

モトキ
モトキ
あれ⁉︎って思ったよ。
だっていつものあなたに戻ってたんだもん!
あなた

そうなのかな。

ンダホ
ンダホ
うん!何かあったの?
あなた

昨日の夢にシルクが出てきて、励ましてくれたの。
前向いて生きろよって。

あと帰り道…

モトキ
モトキ
そうだったんだ!俺もシルクに会いたかったなぁ
あなた、ちょっと来て?
あなた

えっ、何何何何?

モトキ
モトキ
帰り道のことは、2人だけの秘密。いいね?
あなた

わかった!

マサイ
マサイ
何してたんだ?
ンダホ
ンダホ
もしかして、愛の告白?
あなた

(ほんとだったらな…
でも両想いなんて…)

あなた

違うよw
今日のお昼何作るって話してたの!

ンダホ
ンダホ
そうなの!何作んの?
あなた

秘密〜

ンダホ
ンダホ
えー!
マサイ
マサイ
だほ、おまっ…
さっき食ったとこだろ!
ンダホ
ンダホ
あっそうだった!
モトキ
モトキ
マジかよ…
あなた

wwwwwww

ンダホ
ンダホ
wwwwwww
マサイ
マサイ
wwwwwww
モトキ
モトキ
wwwwwww
こんな日々が永遠と続きますように…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ハート
ハート
Fischer’s love(きぬたみ)です。中級者です。よろしくお願いします。温かく見守ってください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る