無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,119
2020/05/26

第11話

赤葦京治 <両片想い>
ー赤葦sideー
俺は2年、あなた先輩は3年で部活のマネージャーであり、学校中で噂の美人だ。

そんな先輩と部活で一緒になれるなんてそれだけで幸せなのに
俺はそんな先輩に恋をしてしまった___,
モブ美
ねぇねぇ、あなたチャン!この番組見た〜?!
あなた

あ、見た見た!めっちゃ面白かったよねw

モブ子
ねー!あなたチャン!!ここの勉強教えてくれない??
あなた

いいよ!ここはこの公式に代入すれば…はい!

モブ子
なるほど、ありがとう!
ご覧の通り人望も厚く、愛想も良い。完璧な先輩だ。
赤葦京治
あ、あの!あなた先輩!
あなた

ん?どうしたー!あかーし!

赤葦京治
えっと、部活!一緒に行きませんか?
あなた

いいよー!行こっか!

ーあなたチャンsideー
今日も私は色んな人の話を聞く。対して面白くない話でも、愛想良く、相づちしながら会話している事が多い。

だけど、部活の後輩
赤葦は違った。バレー部の皆と話すのはクラスの人と話すよりもずっと楽しい。
だけど赤葦と喋ると顔に熱がこもって、ドキドキする。
そう、私は後輩の赤葦に恋した。
顔に出過ぎてやばいかも…
赤葦京治
先輩…?あなた先輩??
あなた

っ!ど、どうしたの?

赤葦京治
いや、さっきからぼーっとしてたので…
あなた

そっか、でも、もう大丈夫だから!

赤葦京治
そうですか…なら、良かったです((ニコッ
あなた

〜ッ!///

ほら、そーゆー所。ずるいよ。
あかーしくん?