無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第4話 『遊ぼ』
るぅと
るぅと
ところで、何して遊びます?
莉犬
莉犬
周りにあるのは…
(なまえ)
あなた
海と浜、少し離れたとこに森…
莉犬
莉犬
つまり、あるのは
水と砂、そして木だけ…
るぅと
るぅと
うーん…
いつもは 石とかで遊んだり
木のブランコや、花を見たりですけど
ここにはありませんね。
(なまえ)
あなた
うーん…
ころん
ころん
ねぇねぇ、
僕がなんの精霊か忘れてない?
ころん
ころん
『水をクルクル回す』
(なまえ)
あなた
そっか!水の精霊!
ころん
ころん
せいかーい。
莉犬
莉犬
そうか!あの木の大きな葉っぱを
船にして遊べばいいんだ!
るぅと
るぅと
確かに。ころちゃんがいるから
波で壊される心配がないですね!
信号機組
信号機組
早速作ってこー!!
(なまえ)
あなた
おー!!
作った。(早い?気にするな。)
(なまえ)
あなた
上手く出来た!
信号機組
信号機組
うん!
↑これのめっちゃ大きい感じのやつ
(なまえ)
あなた
じゃ
早速遊ぼ!
莉犬
莉犬
うん!
信号機組
信号機組
よいしょ!
『船を海に出す』
信号機組+あなた
ころん
ころん
早く乗り込んで!
(なまえ)
あなた
よっと!
『船に乗る』
莉犬
莉犬
え?よっと?ヨット?ダジャレ?www
(なまえ)
あなた
うるさい٩(๑òωó๑)۶
早く乗って!
莉犬
莉犬
はーいw
るぅと
るぅと
みんな乗りましたね!
るぅと
るぅと
ころん先生!
あっち側に行きましょう!
ころん
ころん
はいはいwww
『波で船をあっちに向けて進む』
るぅと
るぅと
もっとスピード出ないんですか?
ころん
ころん
えぇ!?仕方ないなぁ〜。
『少し波を激しくする』
るぅと
るぅと
もっと!もっと!
ころん
ころん
これ以上は壊れちゃうよ!
莉犬
莉犬
あなた、風で何とか出来ない?
(なまえ)
あなた
やってみる!
(なまえ)
あなた
『激しい風を進む方向に吹かせた』
莉犬
莉犬
めっちゃ速い!
るぅと
るぅと
あなた天才!
(なまえ)
あなた
えへへ(*´∀`*)
信号機組
信号機組
可愛い(*´ч`*)
しばらくして
莉犬
莉犬
わー!!楽しいヽ(*´∀`)ノ
(なまえ)
あなた
あたり一面海だぁ!!
るぅと
るぅと
凄いですね!
ころん
ころん
うん!……
ころん
ころん
でも、ここどこ?
信号機組
信号機組
………
(なまえ)
あなた
………?
るぅと
るぅと
知りません。
ころん
ころん
えぇ!?るぅとくんが行こうって言ったんじゃん!
るぅと
るぅと
僕のせいじゃありません(`‐ω‐´)
莉犬
莉犬
どうしよ。迷子だよ:(´◦ω◦`):
(なまえ)
あなた
ねぇ、あそこに、島がある!
ころん
ころん
ほんとだ!あそこに誰かいるかも!
莉犬
莉犬
行ってみよ!
島に着いた
るぅと
るぅと
……ここ何の島ですか?
莉犬
莉犬
うーん…
おーーーい!!!誰かいませんかぁぁぁ!!
しーーーん
ころん
ころん
誰もいない…
(なまえ)
あなた
もしかして、ここ…
信号機組
信号機組
北島!?!?!?
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

すみません、投稿遅くなってしまって。
次は北島が、舞台です。
またねー!
773文字!