無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

👻












.......タッタッタ🏃‍♀️




私
ハァハァ。
●●
ウゥゥゥゥ




今私はあの




【どす黒いもの】




に追われてます٩( ᐛ )و


あの黒いやつは俗に言う妖怪?怨霊?かな?


てゆーか、
私
☁もぉぉぉ!あいつしつこすぎでしょ!?

近くに神社なかったっけ!?


タッタッタ🏃‍♀️

私
ハァハァ、ここを曲がればあるはず.....

あっ、ぶつかる!!
?
は?



ドンッ💥



?
いってぇ。
私
イタタタ。

あっ、すみません!!🙇‍♀️
●●
ヴヴヴヴ
私
ヤバッ

追いつかれた!!😨
?
.......。
●●
ヴァァァァァ!!



もうだめだ。ギュッ😣









.......あれ?



なんで来ないんだろ。



(ゆっくり目を開ける)
私
へ?
●●
グ..ウゥゥ....
?
はぁ、せっかくの休みなのに。


は?

この人片手で霊を抑えてるんだけど!?

?
...さっさと消えろ。👊
●●
グヴァァァ!!


パァン←霊が消えた音🙏





私
(゚ロ゚)ポカーン
?
....大丈夫?
私
( ゚д゚)ハッ!
私
あっ、大丈夫です!

助けてくださってありがとうございます!!
?
ん。よかった。



.......。









え、この沈黙はなに??

?
ねぇ、
私
あ、はい!
?
お前も、あいつらのこと見えるの??
私
へ?あいつら?
?
さっきみたいなやつら
私
あぁ、いつの間にか見えるようになってました😅
?
ふーん。


.......。







また沈黙。

?
名前は??
私
へ?
?
あんたの名前。
私
あ、あなたって言います。
?
あなたね。

俺は、







ㅤ




じょんぐく
じょんぐく
チョン・ジョングク。