無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

209
2018/03/11

第5話

受け継いだ技とメロメロの術
音成
音成
え、瑛壱...?俺に一体何をするつもりなの...?
世詩流
世詩流
凪...?
瑛壱
瑛壱
命令だからな、許せ音成。頭領の命令に背いたお前が悪いんだ。...ロストブレイン。
凪
恨むんなら凪じゃなくて、命令に背いた自分を恨んでよねっ。凪だってかけたくないんだから...メロメロの術。
(作者より)メロメロの術は、作品が違いますが「忍び、恋うつつ」という作品で主人公が使う技です。使わせた相手は自分にメロメロとなってしまう感じの技ですが、少し変えてかけられた者は凪のことを凪様と呼んで慕い、何でも言うことを聞くと言う技で凪が使う技です!
瑛壱は音成にロストブレインを、凪はしぶしぶながらも、世詩流にメロメロの術をかけた。
途端、音成と世詩流は生気をなくしたように目が虚ろになった。瑛壱は以前、カミュより洗脳技「ロストブレイン」を受け継いだため、カミュと同じロストブレインを使えるのだ。凪は、「メロメロの術」という技を使う。技をかけられた者は、凪のことを凪様と呼び慕い、言うことを何でも聞いてしまうのだ。
瑛壱
瑛壱
音成。行くぞ。ついてこい。
音成
音成
...うん。
(作者より)レジェンドスターでの闇音也をイメージしてください。
凪
ほら、世詩流。世詩流もついてきて。行くよ。
世詩流
世詩流
...はい。...凪様...。
凪
うぅ...。やっぱり、男相手になんか言われたくないんだけどぉ...。ほら!早く行くよ!
そして音成と世詩流は術をかけられたまま地下牢へと連れてこられ、中へと放り込まれた。そして、かけられた術を解かれる。
音成
音成
あ、あれ?ここは...。
世詩流
世詩流
地下、牢...?
瑛壱は地下牢の扉を閉めると、鍵をかけた。
音成
音成
え、瑛壱!?
瑛壱
瑛壱
術は解いただろう、覚えてないのか?お前らは2度も頭領の命令に背いたから、罰としてここに閉じ込められるんだ。
凪
その間凪達が代わりに武将の妹君誘拐の任務をしてあげるからぁ~。じゃあね~、お二人さん。
世詩流
世詩流
なっ...!待ってください!
瑛弐
瑛弐
ごめんなさい、音成さん、世詩流さん...。任務、なので...。
瑛壱の弟、瑛弐は少しうつむきながら言った。
綺羅
綺羅
...すまない...。
綺羅も少し顔を背けながらぼそっと言った。
紫苑
紫苑
...ごめんね。凪や皆が任務だって言うから...。
ヴァン
ヴァン
すまへんなぁ、瑛壱やカミュの言うことには従わへんとあかんのや。
(作者より)おそらくヴァンさんの口調が迷子です本当にすみません!
大和
大和
へっ...。そこで大人しく待ってろよ。
大和が最後にそう言い捨てると、天国隊の7人は地下牢に音成と世詩流を置いて任務のため、一ノ瀬家へと向かった。時はすでに夜だった。