無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

番外編 ダーツで負けた4人は……
ゾクッと体をさせる音也,トキヤ,真斗,レン。
神宮寺レン
神宮寺レン
バロン…いったいどんな罰ゲームを実行させるつもりなんだい?
カミュ
カミュ
そうだな…過去に貴様らは、早乙女学園で勝負し、シャイニング早乙女の指示による“女装”をしたそうだな。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
何故それを…!!Σ(=△=;)
まさか…私たちに女装をしろと仰るのですか?それならば、断固拒否……
カミュ
カミュ
ほぅ…断固拒否か。
だが、勝ったのは俺たちだ。となれば、従うのが道理ではないのか?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
ぐっ…(-。-;
仕方…ありませんね。
一十木音也
一十木音也
もしかして…今!!(゚o゚;
とかじゃないよね~( ̄▽ ̄;)アハハ…
聖川真斗
聖川真斗
流石に今ではないと思うが。
少し…不安だな(ーー;)
神宮寺レン
神宮寺レン
あ…まさかだけど。
今度のリンゴちゃんの番組に出るって事になるのかな?
カミュ
カミュ
そうだ。
月宮も喜ぶ事間違いないな。
( -ω- `)フッ
まぁ、精々頑張ってあの空気に揉まれてくるがよい。
___収録当日___
月宮林檎
月宮林檎
おはやっぷー(^∀^)
まさか、あなたたちが番組に出演するなんて思っても見なかったわ。
あらあら、マーくんとトキヤちゃんは双子の様にポニーテールね。可愛いじゃない^^*
レンくんは、大人な感じが素晴らしく出ているし。流石、モデル慣れしているだけあるわね^^*
音くんは、こりゃまた翔ちゃんに負けないくらいに決まっているわ。
写真を何枚か撮りたかったわ。あ~カメラを持参してくれば良かった(>_<)
聖川真斗
聖川真斗
月宮さん…あまり…その…///
もじもじモードに変わる真斗。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
これが、私…(゚o゚;
自分一人ではここまで変わらないでしょう。流石、翔の父親はいい腕をしていますね。まさに完璧です。
神宮寺レン
神宮寺レン
確かに。いい仕事をしているね。過去に何回かスタイリストとして担当してもらったけど、どの衣装も完璧だったよ。
一十木音也
一十木音也
ぁあ…流石に、もう…限界かも。早く着替えたい!!(>_<)
猫を掴む様に、林檎は音也の首根っこ掴んでステージ裏に連れて行く。
それから、番組が始まり順番に名前を呼ばれてステージに立つと、客席から黄色い歓声が沸き立っていた。
番組終了後、林檎によってカメラを向けられて何枚か写真を撮られる事数分後。帰る頃の4人は、ぐったりモードと、睡眠モードだった。