無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

放課後
グク
あなた帰ろ、
you
あ、おっぱごめん!!!
私今日委員会あるんだ~
先帰ってて!!!
グク
いや、待ってるよ
you
いいかいいから!
遅くなるし…
はい帰りなさ~い!!
~委員会終了~
you
はぁ…
すっかり遅くなっちゃったじゃん
おっぱお腹空かせてるよね((おんま感
早く帰らなくちゃっ!!!
👦「あなたちゃん待って!」



腕を掴まれた
you
ん、痛、
👦「あ、ごめん…どうしても
あなたちゃんに伝えたいことがあって、」
you
どうしたの??
👦「え、えっと… 俺…」







グク
何してんの?
you
おっぱ!?!?
なんでいるの!?
グク
なんでって…
待ってるって言ったじゃん
you
ごめんね、
グク
うん、てか何してんの?
手なんか繋いじゃって
you
あ、違うのおっぱ!!!
これは……




👦(チュ…
you
ん、んん……
グク
(は?

え、お前何してんの
おっぱはナムジャを殴った




👦「う… 言っとくけどなじょんぐが
俺はあなたちゃんの事が好きなんだお前
なんかよりあなたちゃんを幸せにしてみせる」
グク
は、何言ってんのお前……
おっぱはまたナムジャを殴った
you
や、おっぱやめて!!!
おっぱの手は止まろうとしない




ど、どうしよう……;;;

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょん
ちょん
너만 바라보는 바보. ぜひ ♥.★ お願いします‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る