無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

シッマの嫉妬 ショッピside
ショッピ
ショッピ
ぐすっ…ううっ…うっうっ
最近、コネシマさんとシャオさん仲良さそうにしとるな
そろそろ潮時なんかな…
コンコン
コネシマ
コネシマ
……どうぞ
コネシマ
コネシマ
ショッピ君?
ショッピ
ショッピ
!!!
ショッピ
ショッピ
ど、どうしたんすかコネシマさん
コネシマ
コネシマ
あんな、ショッピ君
コネシマさんは嬉しそうな、申し訳なさそうな顔をしていた
コネシマ
コネシマ
言わなきゃいけんことあるんよ
ついにか…
ショッピ
ショッピ
コネシマさんが言いたいこと分かってますよ
コネシマ
コネシマ
え?
ショッピ
ショッピ
短い間でしたけど、ありがとうございましたっ(泣
コネシマ
コネシマ
は!?いや、何でそうなるんよ!
ショッピ
ショッピ
最近シャオさんと居ったんは俺に飽きたからッスよね
コネシマ
コネシマ
ちがっ…
ショッピ
ショッピ
俺…グスッ…すぐは無理やけど…グスッ…ちゃんと諦めますから
俺は泣きながらも笑顔で言った
ショッピ
ショッピ
っ!!?
気づいたら俺はコネシマさんにキスされていた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

イロハ
イロハ
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る