前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog...
44
2023/07/16 05:45
あなた・ネグレクタム
まって!!
暗い細道の中少女の叫び声だけが大きく響いている。少女はエレメンタリースクール生ぐらいだろうか。深夜に近いこの時間にこのような少女が一人でいるのはとても不自然であった。
少女の視線の先には2人の男女が歩いていた。彼らは少女の親だろうか。2人は少女の叫び声など無いかのように歩いていた。少女は男女に向かって何度も叫び続けた。
あなた・ネグレクタム
まって!!お母様!お父様っ!
あなた・ネグレクタム
やだっっ、なんでっ?!置いてかないでくださいっっ!怖いよぉっ、、、ごめんなさいっ!
もう、少女から男女は見えなくなってしまった。少女は見えなくなってもしばらく叫び続けたが、もう叫ぶのを辞めてしまった。
あなた・ネグレクタム
いやだぁ、、お母様、、お父様ぁ、、行かないで、、捨てないで、、死んじゃうよ、、
少女は下を向いて泣いて泣いて、泣き続けた。大粒の涙を流し続けた。少女の下には小さな水たまりができていた。
あなた・ネグレクタム
ぐすっ、ずびっ、、
あなた・ネグレクタム
はぁ、、
少女はため息をついたとき、しっかりと理解したようだった。
自分が捨てられたこと、無いものとされたこと。少女ははもう何も怖く無くなっていた。
あなた・ネグレクタム
あーあ。
そう言い、少女は道路に横になった。







少女は目を瞑りながらこういった。


























『なんで今まで生きてきてたんだろう。』







少女はその後すぐ、眠りについてしまった












???
こんなところに子供、、?

プリ小説オーディオドラマ