無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
入間銃兎
入間銃兎
いよいよ1時間をきったな
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
あぁ、分かってる
今日はヒプノシスマイクAlternative lap battleの日
1回戦Buster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWの試合まで残り1時間を切っていた
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
小官はいつでも準備は出来ている
?
おい、そこのお前ら
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
( ゚Д゚)アァ?何だァ?
暁輝
暁輝
俺は今日のDJをつとめる暁輝さとき
暁輝
暁輝
DJ.TIGER.wild.といったら分かるか?
入間銃兎
入間銃兎
確か…あらゆるlap battleのDJをつとめた…
暁輝
暁輝
その通りだ
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
小官たちに何か用か?
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
クソ見てぇな要件ならぶっ飛ばすぞ
入間銃兎
入間銃兎
おい、相手は女だぞ?
暁輝
暁輝
問題ない、生憎肝は据わってる方なんでな
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
(゚∀゚ )ハッ面白ぇ、んで要件は?
暁輝
暁輝
俺と勝負しろ、全ての勝負が終わり4つのチームが揃ったら
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
あァ?テメェ舐めてんのか?
暁輝
暁輝
舐めてない。お前らの強さを認めた上で言ってるんだ
入間銃兎
入間銃兎
それは…1人で12人と闘うということですか?
暁輝
暁輝
いや、実際にはもう1人いるがそれはまた後でな
暁輝
暁輝
既に中央区からは許可を得ている『楽しませてくれ』と。
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
なるほど、ならば小官達に異論はない。そうだろ?左馬刻。銃兎。
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
そうだな
入間銃兎
入間銃兎
そうですね
暁輝
暁輝
ではまた会おう、優勝を祈ってるぞ。兄貴・・
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
ッ!?
その”兄貴”という言葉。
それは左馬刻の耳にしか届かなかった。
左馬刻は過去の記憶を辿る。
それは5年程前のこと。
左馬刻「オラッ!__ッ!早くやっちまうぞッ!」
暁輝「兄貴ッ!早いってのッ」


















思い出した。
暁輝は…暁輝あなたは…

























俺が1番愛した女だ___