無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ



あの日までは、私達は一緒だった。
〇〇
〇〇
奏、好きだよ
朱雀奏
朱雀奏
僕もあなたのことが好きだよ



でも、あの人に会ってから奏は変わった
成瀬果音
成瀬果音
奏さん…
朱雀奏
朱雀奏
果音…僕のプリンセスになってください
朱雀奏
朱雀奏
あなた…ごめん




婚約者がいても、私は奏が好きだった…
なのに…私は終わった
天堂光輝
天堂光輝
あなた…大丈夫?
天堂光輝
天堂光輝
俺、頑張るから
〇〇
〇〇
果音さんと付き合えるといいね


私は婚約者と結婚しなければならない…







せめて、好きな人と恋をしたかった