無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

ごめんね
みきの誕生日
はやと
みき?
はやと
ごめん!
はやと
結局用意できんかったをプレゼント
みき
全然いいよ、
はやと
でも1個サプライズさして?
みき
サプライズって言わないからサプライズなのに
はやと
俺はみきが好きだ。
はやと
怒る顔も笑う顔も泣く顔もはしゃぐ顔も全てのみきがだいすき
はやと
だから俺と付き合ってください!
みき
ありがとう涙
はやと
いや泣かんとって
みき
一生忘れられない誕生日プレゼントになったわ笑
みき
んで返事やけど










·












みき
お願いします