無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

909
2021/12/29

第70話

荼毘
荼毘
じゃあな...
荼毘
荼毘
(ボォッ🔥🔥🔥)
水月
水月
(パシャ💦💦)
水月
水月
ホークス!
ホークス
ホークス
...!
水月
水月
(背中が燃えてる...)
パサッ


自分のコスチュームの上着を脱ぎホークスにかける
荼毘
荼毘
雄英の...
荼毘
荼毘
ダセェなぁ、学生まで引っ張り出してんのか
荼毘
荼毘
見ろよガキ
荼毘
荼毘
そいつが殺した、仲間を守ろうと走る背中をグサッと!
水月
水月
荼毘
荼毘
何しに来た?
荼毘
荼毘
助けに来たか?
荼毘
荼毘
何を助けに来た?
荼毘
荼毘
お前が健気に夢見るプロって奴らは
荼毘
荼毘
俺たちなんかよりよっぽど薄汚ぇぞ
ホークス
ホークス
み...つき...
水月
水月
...
ホークスを抱える
水月
水月
私はただ...師匠の心配をしに来ただけだ
荼毘
荼毘
思考停止(ニヤッ)
ボオオォォ🔥🔥🔥🔥
水月
水月
(ダッ)
水月
水月
(狭い...避けきれない)
水月
水月
(パシャ💦💦)
大量の水を荼毘にかける
荼毘
荼毘
チッ
水月
水月
(早く...この場所を離れて)
水月
水月
(ホークスの手当を)
ホークス
ホークス
まだ...しゃべ...る
水月
水月
ホークスに耳をかたむける
ホークス
ホークス
(おそらくこれは余裕じゃない
ホークス
ホークス
(動揺を誘って時間を稼いでいる)
ホークス
ホークス
(今の炎もだいぶ弱まっていた)
ホークス
ホークス
今...いげ
水月
水月
!(バッ)
柵から飛び降り、下に水を張ってそこに着地する
ホークス
ホークス
(ガクッ)
水月
水月
ホークス!ホークス!
ホークス
ホークス
はぁ...
水月
水月
(息はある...今の衝撃で気絶したのか)
水月
水月
ごめん...ホークス
ホークスの腕を回し抱える
移動しようとしたその時
荼毘
荼毘
こんな事もあろうかと、前2発弱火で節約しました
水月
水月
!?
バァン❄️❄️❄️❄️
施設に突如氷壁が現れる
水月
水月
(ダッ)
氷壁の表面を水に変えて飛び上がる
荼毘
荼毘
ってぇ...
荼毘
荼毘
ぶっ放しやがってあの氷野郎
水月
水月
(ポロッポロッ)
水月
水月
薄汚くなんかないよ!ホークス!
水月
水月
信じてる!みんな!
水月
水月
正しいことをしたんだって!
水月
水月
だから!死なないで!
水月
水月
(ダッ)
ファットガム
ファットガム
あ!!ちょ待っ!
水月
水月
ファットガム!
神門に抱えられたホークスを見る
ファットガム
ファットガム
後衛に救護班が待機しとる!
ファットガム
ファットガム
行き!
水月
水月
!、すみません
水月
水月
(ダッ)
後衛救護班
(救急隊)酷い火傷だ...すぐに手当を
水月
水月
お願いします!
ゴゴゴゴ
水月
水月
(地震...?)
(救急隊)おい!なんだあの巨人は!
水月
水月
ギガントマキアが森を一直線に進んでいた
水月
水月
皆さん私の後ろに下がってください!
ギガントマキアが通ったとき、反動で木々や瓦礫が飛んできた
水月
水月
ウォーターヴァレット!
バァン💥
それを一気にはじき返そうとするが、レンガ程の大きさの石が神門の頭を直撃する
水月
水月
うっ...
目を開けた時、ギガントマキアが通った道には塵のひとつもなかった
水月
水月
え...
その光景にただ呆然としていた
水月
水月
(後衛にはみんながいたはず...)
水月
水月
(もしかして巻き込まれたんじゃ...)
グッ(拳を強く握る)
水月
水月
ホークス...私行くよ
水月
水月
皆さん怪我は?
(救急隊)していないよ、ありがとう
(救急隊)君...血が!
水月
水月
大丈夫です
水月
水月
それよりホークスをお願いします
後衛部隊に着いた神門
水月
水月
そんな...
そこには怪我をおった雄英生やヒーローたちが
耳郎響香
耳郎響香
水月...
水月
水月
響香!大丈夫!?
耳郎響香
耳郎響香
ウチは大丈夫だよ...
水月
水月
良かった...
水月
水月
他のヒーローたちは?
耳郎響香
耳郎響香
...
切島鋭児郎
切島鋭児郎
先生!!
芦戸三奈
芦戸三奈
しっかりしてよ先生!!
水月
水月
...
嫌な予感がしながらも、恐る恐る雄英生が集まっている中心へ行く
水月
水月
ミッドナイト
ミッドナイト
はぁ...はぁ...
そこには微かな息をして血まみれで倒れているミッドナイト先生の姿が
水月
水月
先生!!
朧気に目を開けるミッドナイト
ミッドナイト
ミッドナイト
ア...ク.....ア
水月
水月
そうです!アクアです!
ミッドナイト
ミッドナイト
...あなたに、ここの...しきを頼み、ます...
水月
水月
ミッドナイト
ミッドナイト
あなた...なら...大丈夫よ
水月
水月
はい!必ず...(ポロッポロッ)
水月
水月
必ず...
水月
水月
(ポロッ...ポロッ...)
ミッドナイト
ミッドナイト
(ニコッ)
微かな笑みを神門に向け、再び目を閉じ先程よりも弱く呼吸をする
水月
水月
(グッ)
拳を強く握り、その場に立つ
水月
水月
雄英生!!
その場にいた全員が神門の方を向く
上鳴電気
上鳴電気
神門...
麗日お茶子
麗日お茶子
水月ちゃん
耳郎響香
耳郎響香
水月、
瀬呂範太
瀬呂範太
神門
水月
水月
まだ向こうには逃げ遅れた人達が沢山いる!
水月
水月
私たちはヒーロー!
水月
水月
困っている人が...
水月
水月
困っている人がいたら助けなきゃいけない!
涙を流しながら、精一杯の大声で叫ぶ神門
八百万百
八百万百
えぇ、その通りですわ!
芦戸三奈
芦戸三奈
うん!...(ポロッ)
水月
水月
私は市民の避難誘導へ
麗日お茶子
麗日お茶子
私も行くよ!
飯田天哉
飯田天哉
俺もだ!
蛙吹梅雨
蛙吹梅雨
私も行くわ!
八百万百
八百万百
ここにいるけが人たちの処置はお任せください!
水月
水月
うん、みんなを...ミッドナイト先生を、頼んだよ
ミッドナイト先生の顔を見つめ、手を握る
水月
水月
先生、大好きです...