無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,448
2018/11/09

第50話

結婚記念日②
慧
おはよ
カーテンを開くと、晴れ晴れしく青空が広がっていて

太陽が眩しかった

結婚式にふさわしい天気だ
あなた
あなた
はよ、
ベットから降りて伸びをする
慧
ふふ
慧
かあいー
慧
奥さん
へへ、奥さんだって





夫婦って呼ばれるのは中々なれないけど






もう恋人じゃないんもんね
あなた
あなた
へへ、なんか照れるね
慧
照れるねえ、笑 
これから、結婚式だっていうのに

朝から照れまくって


なんだよ、初々しいカップルかよ、って自分でもツッコミたくなった
慧
よし、準備するか
不思議な感覚に襲われたまま




準備を終えて




家を出た












プランナーさん1
お待ちしておりました
式場に着くと、ウエディングプランナーさんなどなどが、私たちを待っていた
プランナーさん1
新郎さんはこちらへどうぞ
慧
んじゃ、あとでね~~
慧は、るんるんと鼻歌歌いながら、プランナーさんの後に付いて行った
プランナーさん2
新婦さんもこちらへどうぞ
プランナーさん2
こちらのドレスにお着替えください
そこに用意されてあったのは、




前に、慧と2人で選んだウエディングドレス







あなた
あなた
うわ、綺麗、
着てみると、キラキラ光っていて

すごく、綺麗、
プランナーさん2
ふふ、お似合いですよ~
人で感激していると、ニコっと笑われた
あなた
あなた
そうですかー?
あなた
あなた
ありがとうございます笑


ーコンコン
光
入っていいですかーーー
その後、2人でちょっと話していると、ノックが聞こえた







光だな、







あなた
あなた
はあいー
光は入るやいなや、私をジロジロ見てきた







変態だね、光 笑









光は手を顎に当てて


んーっと言いながらじーっと見てくる






まさか、似合ってないとか???
光
今までで1番綺麗かも、今日のあなた
あなた
あなた
え?ほんと???!
光
おう
予想以上のことを言ってくる光にちょっとびっくりしたけど





すぐに、嬉しくなった
今までで、1番綺麗だって...









うん、そうだよね、そうじゃなきゃ!
友達
あなたー??
友達
入っていいー??
あなた
あなた
いいよ!!
もう、すぐに声で分かった






昔っからの仲だから
友達
きゃー!!!
友達
待って、待って、めっちゃ綺麗!!!可愛い!!!!
こちらは、入るやいなや、叫び始めた






あなた
あなた
そー?ありがと笑
友達
あ、あとね
友達
慧くんのタキシードはまじでイケメンだった
光
んねー
慧の母
見に行くー??



行きたい、とっても行きたい、、、






けどね





慧と約束したの






お互いの姿は、本番まで楽しみに取っとこうねーって
あなた
あなた
う、見たい....
あなた
あなた
でも、あとで楽しみに取っとくって決めてるの!!
そう言うと、2人は



そっか、そっかってくすくす笑ってた