無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🌠
私の家の家庭環境は最悪だ。

お兄ちゃんが有名人になって家を出てからは両親は虐待をはじめた。

私はとにかく早く大人になりたい。

大人になってこの家を早く出るんだ。

いつしか将来の夢はそれだった。

なりたい職業?どうだって良い。

とりあえずこの家を早く出るんだ。
あなた
おはよう。
私はまだ誰いないリビングに挨拶をして荷物をまとめて学校に行く。時間はまだ午前5時。

朝早いから辺りは暗いし、寒い。

車の通りが少なく、歩いている人も少ない中私は一人足を進める。

駅に着いて朝ごはんと昼食を買う。

ホームでご飯を食べて時間まで携帯をいじる。

時間になったら電車に乗って学校に行く。

私の朝はそんな感じ。
かりん
あなた!おはよう!
あなた
おはよう、かりん。
かりんは私の表面上の友達。

さすがに学校で一人でいるといじめの対象になる。

だからかりんと一緒にいる。

かりんはそれに自分の事も深く話さないし、私の事を探ろうともしない。

だからかりんとは普通に話せるんだと思う。
かりん
宿題できた?
あなた
うん。一応ね。でもやっぱりここの単元は苦手かも。
かりん
あー、やっぱり?私もここは苦手かな~
あなた
得意な人っているのかな?
かりん
さぁ?でもいるなら教えてもらいたいよねー
あなた
そうだね。
そして授業を受けてお昼の時間。
かりん
今日はどうする?また屋上行く?
あなた
うん。天気も良いし屋上に行こう!
屋上には他の生徒はいない。だから屋上でご飯を食べて歌うのが好き。
あなた
「あなただけは信じてる」呟いて君は目を逸らす~
???
歌、上手だね
あなた
え?
振り返って見てみれば赤い髪の人…となんか後ろにたくさんの人いるし。見るからに生徒でも教師でもない。
???
え…お前、あなたか?
あなた
もしかして…お兄ちゃん?
全員
え!?/は!?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Star★
Star★
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る