無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

10
2020/03/02

第12話

エピローグ
次の日、私ドロシーとレン君の交際が正式に発表された。
幸いなことに、覚悟していた反対デモなどは行われなかった。






「学園みんなが祝ってくれてる…」







そんな気がして嬉しかった。
ナターシャ
まさかドロシーさんが2人目とはね…
アリス
びっくりですわ!
ドロシー
ありがとう。みなさん。
ビビアン
何はともあれ
ビビアンさんがやって来た
ビビアン
おめでとう!ドロシーさん!幸せになるのよ?
ドロシー
はい!
ドロシー
ビビアンさんも!
レディ
………










教室に戻ると、キャシーが飛ぶようにやって来た。
キャシー
ドロシー!本当に本当に本当におめでとう!!
ドロシー
ありがとう、キャシー
キャシー
まさかあのまま付き合っちゃうなんてねぇ…
ドロシー
あはは…
突然、きゃー!という歓声が上がった。
キャシー
おっと?王子様のご登場みたいだよ?
ドロシー
うん。そうみたい。
もちろんやって来たのは





レン
ドロシー、昼飯一緒にどうだい?
ドロシー
えぇ、もちろん!































私はドロシー。










ポワルノ学園まり組の高嶺の花束。








同じクラスのレン君と、























幸せになります。






















✨END✨