無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

入学式(ジェルなな)2
ジェルside

ホンマやばい!
昨日夜更かしして寝坊したー!
なーくん待たせてるしはよ着替えよ!

唐突だが俺はなーくんが恋愛的な意味で好きだ。
好きだと気付いたのは俺達が小6の時。
なーくんが隣のクラスの子に呼び出されてその告白を見た時。
その時にモヤモヤしてさとみくんに相談したら『恋』だった。
そこからなーくんを恋愛対象で見ている。
でもこの恋はきっと叶わない。
だってなーくんはころちゃんが好きだから…
ジェル
ジェル
なーくん!ホンマごめんな!
ななもり
ななもり
ジェルくん遅すぎw
ジェル
ジェル
いやちょっと寝坊してw
ななもり
ななもり
まぁいいよwじゃあ行こ!
ジェル
ジェル
はい!