無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,092
2021/06/16

第2話

エピソード2
誠さん(さとみ父)
さとみ、夜更かしするけどあなたちゃんは早く寝るんだよ?
誠さん(さとみ父)
ココアとかいれようか?
桜田 あなた
大丈夫だよ、お父さんw
娘が出来たんだ
構いたい気持ちも分からなくはない
実際、お兄ちゃんにはかまって欲しかった
恵美子さん(母)
誠さん!そろそろ寝ましょ?
誠さん(さとみ父)
そうだね!あなたちゃんおやすみ!
桜田 あなた
お父さんお母さん、おやすみなさい!
そう言ってお母さん達の背中を見守る
桜田 あなた
………どうしようかなぁ…
無意識に零れる言葉
さとみさんからは一緒に寝てもいいって言われたらしい
でも…高校生の男女が一緒に寝る…?
結局、リビングでしばらく過ごすことにした










________________________
💗さとみside💗
"一緒に寝れるよな?"
そんな圧から「無理」なんて言えるわけもなく首を縦に振る
俺は高校3年生だし、今日出来た妹は高校1年生と聞いた
桜田 さとみ
寝れるわけねぇだろ…
変な感情を抱くとかそんなんじゃない
ただ、同年代の女と寝るというのが嫌なだけ
桜田 さとみ
📞あ〜…ころん?
桜田 さとみ
📞俺妹出来た
とりあえず親友のころんに電話を入れた
妹の話をしながらゲームをする
深夜3時半を回って空が傾き始めた頃
俺は不意に気が付いた
桜田 さとみ
📞ころん…妹の様子見てくるわ
桜田 さとみ
📞そんなんじゃねぇって
「兄らしくなってんじゃん?」
なんて馬鹿にされる
とりあえずイヤホンを外して1階に降りる
桜田 さとみ
…なにやってんの?
桜田 あなた
あ…さとみさん…
体育座りとか中学校以来しか見てないわ
桜田 さとみ
いや…なにしてんの?
桜田 あなた
えっと…
オロオロとして会話にならない
桜田 あなた
あっ…
コーヒーを取りに行くと手を掴まれ引き止められる
桜田 さとみ
………なに…?
桜田 あなた
………なにも…ないです…
桜田 あなた
すみません…
桜田 さとみ
………うざい…
我慢するぐらいなら言えばいいのに
桜田 あなた
………すみません…本当に…
ころんを待たせてるし2階に戻ろうと廊下に出ると後ろから声が聞こえてくる
桜田 あなた
ごめん…なさい…ごめんッ…なさ…((泣
「ごめんなさい」と泣き声
後ろを振り向いてしまった
気にしてる訳じゃない
桜田 さとみ
………
………こいつとは仲良く出来ねぇ…
そう悟って2階に戻る
「どうだった?」と聞いてくるころん
桜田 さとみ
📞泣かせたかもしんねぇ…
イヤホンからはころんの怒鳴った声が聞こえてくる
んん…うるさ…
桜田 さとみ
📞はぁ!?明日?急すぎだろ!
「いいじゃん!明日の17:00ね〜!」
相変わらず自由人&楽観的
まぁ…嫌いではないけど…
明日ゲームの続きすることになって電話は終了した
気になったわけじゃなく…コーヒーのカップを片付けに1階に行った
桜田 さとみ
………はぁ…
ソファで涙を流しながら寝る
とりあえず拭って毛布をかけた
桜田 さとみ
………なんで泣くんだよ…