無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

120
2021/09/03

第11話

🌀
Knt
Knt
アイス何にする〜?
Shr
Shr
んー、僕はー、
Shr
Shr
チョコアイスにします!!
Knt
Knt
おーー、俺は バニラアイス!(笑)
Knt
Knt
勝利、アイス貸して?
Shr
Shr
え、あ、はい!
健人先輩にアイスを手渡すとそのままレジに直行した先輩。
Knt
Knt
助けてくれたお礼に奢らせて?
Shr
Shr
え、そんな悪いです…!!
Knt
Knt
いーーの(笑)
外で待ってて?
Shr
Shr
ありがとうございます!!
ペコッと一礼をして外に出る。

あーー、暑いなあ。
Knt
Knt
お待たせー!
Shr
Shr
家で食べます?
Knt
Knt
そうだね、(笑)
と、俺の家に案内する。
Knt
Knt
お邪魔しまーーす
Shr
Shr
どうぞって僕しかいないんですけどね(笑)
そのまま、俺の部屋に案内して、買ってきたアイスを食べる。
Knt
Knt
ねえ勝利、
Knt
Knt
もう恋人なんだしさ、敬語崩そうよ。あと健人先輩じゃなくて健人!(笑)
Shr
Shr
ええ!?!?
Knt
Knt
だって敬語と先輩呼びだったら距離あるじゃん、、
と、下唇を出す健人先輩はとてもとても可愛くて。
Shr
Shr
わ、わかった、
Knt
Knt
ほんと!?やったー!
Shr
Shr
健人……くん、
Knt
Knt
なにそれ、かわぁい(笑)
Shr
Shr
もう…うるさい、//
Knt
Knt
照れちゃった?可愛いね?
正面に座っていた健人くんが俺の横に移動する。
Knt
Knt
ちゅーしていい?
Shr
Shr
うん、/
そういうと健人くんは俺の後頭部に手を回してグッと顔を近付ける。そのまま優しい、深いキスへ 。

Shr
Shr
ん…ふぁ……っ、
こんなキスは初めてで、、苦しい、けど少し気持ちいような、
Knt
Knt
勝利、慣れてないんだねかわいい(笑)
そっか、健人先輩は俺と違って慣れてるんだ。あーーあ、妬いちゃう  、
Shr
Shr
何もかも全部健人くんが初めてだから!
Knt
Knt
可愛い、ちょっと抱き締めさせて  
健人くんとのハグはとても落ち着く。
好きな人とのハグってこんなにしあわせなんだ。
Shr
Shr
ずっとハグしてたい、
Knt
Knt
もーーう、かわいすぎ(笑)
そのままずーーっとハグをしてくれて俺はなんだか眠くなってきてそのまま眠りについた。
Knt
Knt
あいしてるよ、勝利。
この時は幸せだった。ほんとに幸せだった。

数ヶ月後、あんなことが起きるなんて。