無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

>>23
ミンギュside

あれから何時間たったのか、今時計の針は6時を指している。ウジヒョンはあれからずっと手を組んだまま祈っている。僕はというと、ドアの前を行ったり来たり‹‹\(´ω` )/››‹‹\( ´ω`)/››まだランプが消えない。手術が始まったのは1時って看護師さんが言ってた。もう5時間だ。



end
ミンギュ
まだ終わらないのかな…
ウジ
成功する成功する成功する成功する成功する成功する成功する((ボソッ
パチンランプが消えるウィーンドアが開く
ミンギュ
あっ!ヒョン!ランプ消えました!
ウジ
えッ!?









あなた!?




先生!?あなたは!?手術は成功したんですか!?
ミンギュ
ヒョン!!落ち着いて下さい!
救急隊員
大丈夫ですよ!無事成功しました。しかし、しばらくは包帯が取れないのでちょっと不便になるかもですが……。包帯が取れる頃には両目がハッキリと見えるようになってると思いますよ。もう少ししたら目が覚めると思いますので傍にいてあげてください。では。
ウジ
良かった……(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)先生!!ありがとうございました!( இ﹏இ )
ミンギュ
お世話になりました!( இ﹏இ )
ミンギュ
ヒョン!!僕みんなに連絡してきます!ヒョンはヌナの傍にいてあげてください!
ウジ
わかった。ありがとう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

うーみん🌈🌴
うーみん🌈🌴
元Woosziminguです! ふぁんねーむ”うーみん谷” ふぁんまーく”🌈🌴” 🍫💋はらんず 🍼💎うりんず 👶👴ウユット 🍼☕紅茶部 🍄🌱🌿ポソ民 🎃🍷かぼちゃ族 💎🐭🍼うりすう ☕🌿Kユニット ♯誰よりも輝く君をみて ♯鹟喩×ウユット ♯闇の世界に光を
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る