無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ぷりんちゃんといちごぷりんくん
510
2021/06/19 15:00



いちごside←sideの表し方が雑




田中 ぽけーーーーーーーーーーー←やべぇやん




菊池「おい。おい樹。お前大丈夫か?」





岸「え、え、どうしたんすか樹くん!!!!らしくないっすよ!!!」←




田中「大丈夫。岸うるせぇ。」




岸「うっす!すみません黙りますっ!!!」←




田中「だからうるせぇっての。」




菊池「お前どうしたんだよ。ほんとにらしくねぇぞ。あっれぇ????爆イケないちごぷりんくんはどこかなぁぁあぁあぁ????」←煽んな煽んな





田中「お前の目腐ってんのか?ここにいるだろ?」←




菊池「どこがだよ」←




田中「いやっ、だってさぁ?普通おかしくない?!」←




菊池「お前急になんだよ!俺の大事な大事な心臓がびっくりするじゃねえか!!」←一旦止めたろか?




田中「だって、だって、、、はぁ、、、付き合うって、、、はぁ、、、よりによってあいつと、、、俺じゃなくて?あいつと?は?なんで?なんか無性に腹たってきたんだけど?」←知らんがな




菊池「あーあ。こいつめんどくせぇ。岸〜購買でパン買ってきて〜」←サラッとパシんな




岸「うっす!何がいいっすか?」←サラッとパシられんな




田中「いちごミルク、、、」




菊池「え、お前いつもテキーラじゃん」←どんな世界線で生きてんだよ




田中「俺今はチョコとか黒とか見たくねぇの!!!」





菊池「プリンは?」




田中「、、、食う」←食うんかい




岸「じゃあいちごミルクとプリンと、風磨くんはいつものやつでいいっすか?」




菊池「おーよろしくー」




岸「行ってきます!すぐ戻ってくるんで!!待っててくださいっ!!!」




菊池「はーい落としたら代金お前もちだからな〜」←うん。いじめかな???




岸「気をつけますっ!!!」




ダダダダダダダダダダダダダ←気をつけるとは




菊池「で、お前どうしたの?」




田中「きょもが、、、俺のきょもがぁぁあああぁあぁぁ!!!」




菊池「一つ言っておくと、京本大我はお前のじゃねぇ。俺のだ」←お前でもねぇ




田中「きょもがさ、、、きょもが付き合ったんだよね、、、俺じゃなくてあいつと。あいつと、、、、」




菊池「あいつって?」




クラスの女共『きゃあぁぁあぁぁあぁあああぁぁあぁあぁぁ!!!!』




菊池「あ?なんだ、あれ?」




田中「どうせあいつだろ?松村北斗」




菊池「え、え?は?え、ちょちょちょちょ」




田中「おい風磨どうしたんだ、、、よ?」




松村「田中。お前に話がある。」




田中「は?なに。きょものこと?俺お前らの惚気話とか聞くつもりねぇし、女にチヤホヤされてること自慢しに来たならさっさとどっか行ってくんね?まじで目障りだわ。」





松村「京本のことについてもあるが、お前のことについて話がある。今日下校前に生徒会室に来い。来なければジェシーと慎太郎と瑞姫を向かわせる。ついでに髙地もな。」←ついで言うな




田中「、、、分かったよ。そんなしなくてもちゃんと行くから。」




松村「では、また。」




田中「はいはーい」




菊池「、、、お前いつの間に松村に目つけられてんの?え、どうしよう俺。お前と友達やめようかな」←酷いやつだ




田中「はぁ、、、まじで俺今日早退しよっかな」←行くって言ったそばから早退は草




岸「買ってきましたー!!!」




菊池「さんきゅー岸。半分やるよ」←何気仲良しでいい奴なの好き




岸「え!どうしたんすか?!風磨くん体調でも悪いんですか?!保健室行きますか?、俺着いてきますよ!」←あ、岸お前やりやがったな




菊池「やっぱお前には一口もやらねぇ」←ほーらこうなった




田中「はぁ、、、きょも、、、、」←ずっとうるせぇ