第9話

82
2023/10/01 11:00
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
え…?
佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
戻らないのか?
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
…戻らない。
彼処は俺が戻っていい場所じゃない。
三 途 春 千 夜
三 途 春 千 夜
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
兄貴…
鶴 蝶
鶴 蝶
九 井 一
九 井 一
佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
それに…辛い思いするのは俺だけで十分だから
九 井 一
九 井 一
えっ?
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
兄貴、今何て…
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
何でもねーよ。
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
じゃ、部屋に戻るわ。
佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
待て。
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
ん?
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
兄貴さ、しのぶさんって人から貰った紙袋の中身って何?
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
…言わなきゃダメ?
九 井 一
九 井 一
言わなくても良い。持って来たから。
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
⁈…返せッ!
九 井 一
九 井 一
無理。はい、首領。

袋を開け…

佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
…これは…
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
…もうやだ…(しゃがみ)
ガチャ…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
やはり、そうなりましたか…
九 井 一
九 井 一
しのぶさん…
しのぶは蘭を抱きしめ…一定のリズムで背中を叩く。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
大丈夫ですよ。大丈夫、大丈夫…


しばらくして…蘭から寝息が聞こえると…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
すみません…九井さん…蘭さんをソファーへ運んでくれませんか?
九 井 一
九 井 一
あ、はい。
九井が蘭をソファーへ運ぶと…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
…とりあえず、しばらく起きませんね。
佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
…今のは…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
蘭さんに前世の話は聞きましたか?
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
聞いた。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
蘭さんは…
前世で虐待されていたんです。
九 井 一
九 井 一
え…虐待…?
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
はい。私が初めて会った時_
 







_彼には表情がありませんでした。
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
えっ…⁈
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
喜怒哀楽がなかったんです。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
私は蘭さんが、

どうすれば笑えるのか、

どうすれば泣けるのか、

どうすれば怒れるのか、

どうすれば楽しめるのか…

考えて考えまくりました。

そしたら少しずつですが、

笑顔になったんです。

そして、私は蘭さんと恋人になりました。
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
⁉︎
佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
⁉︎
三 途 春 千 夜
三 途 春 千 夜
鶴 蝶
鶴 蝶
⁉︎
九 井 一
九 井 一
⁉︎
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
けど、彼の心の傷はそれだけでは癒えませんでした。深すぎたんです。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
私がいる日は…
まぁさっきの様に何とかなりました。
私にも蘭さんにも出張任務があります。
そう簡単には予定が合わないんです。
だから、いつもそれを渡していました。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
中身は精神安定剤ですよ。
佐 野 万 次 郎
佐 野 万 次 郎
…なるほど…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
蘭さんは私より先に亡くなったので…
炭治郎くんを知らなくて当たり前です。
九 井 一
九 井 一
…さっき、蘭がまた守れなくてごめんって…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
それは…お前より先に死んで守れなかったのに今世でも守れなくてごめんって意味だと思います。
灰 谷 竜 胆
灰 谷 竜 胆
…兄貴のこと今でも好きなんですか?
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
好きですよ。いや…愛してる…の方が正しいかもしれません。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
そろそろ蘭さんが起きるかもしれませんので帰りますね。なんかあったら言ってください。
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
…しのぶ…
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
…おやまぁ…起きてしまいましたか…
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
さっきから起きてた。
胡 蝶 し の ぶ
胡 蝶 し の ぶ
へ?

プリ小説オーディオドラマ