第79話

ー 78 ー
2,007
2024/04/16 12:22
seungcheol
seungcheol
だーかーらー、俺んとこの長がお前を気に入ったんだと!
you
 豚汁を飲み干せコノヤロウ 
soonyoung
soonyoung
マジ誰だよお前。文化祭ぶっ壊すつもりか

誰も来ない、最上階の空き教室にスンチョルという男を連れ出し、スニョンを呼んだ。

不良関係ならスニョンが何か知ってると思ったからだ。でも分からないらしい。

seungcheol
seungcheol
俺の名はチェ・スンチョル。V高のグルの二番目だよ
you
 知ってる? 
soonyoung
soonyoung
 知らねぇ 
seungcheol
seungcheol
なんでだよ!……とにかく、さっき言ったこと!イあなたは俺んとこの長に会って欲しいんだ

じゃないと俺がやられる……なんて呟いている。

soonyoung
soonyoung
ダメだよ。ダメ。あなたはそういうことをするような人じゃないの
seungcheol
seungcheol
嘘だろ?さっきもあんな俊敏に……俺の周りのやつもこいつにやられたって聞いた
you
あのね、違うんだよ。全部向こうから。私は自分の身を守るための最低限のことをしてるだけ
soonyoung
soonyoung
そう、ただそれが……人より強いってだけだな
you
 その言い方ヤダ 
soonyoung
soonyoung
 いや事実だし!

スンチョルという奴は、私が渡した豚汁を飲み干すと勢いよく立ち上がった。

そして私の手を握り、目をうるうるさせて見つめてくる。

seungcheol
seungcheol
な?俺が消されないためにも、一度でいいから。礼はいくらでもする
you
 嫌です。もう帰ってください 
seungcheol
seungcheol
 お願いだからさぁ……!
you
無理!こういうのは普通、私じゃなくて向こうが会いに来るべきなんじゃない?
you
どんだけ態度でかいのよ。とにかく、私は会いに行かないから
seungcheol
seungcheol
 ほんとに…… 

膝から崩れ落ちるスンチョル。

何なのほんとに。他校の文化祭に乗り込み、仕事を中断させ、挙句の果てには縋り付いてきて。


それどころじゃないっていうのに。

soonyoung
soonyoung
とりあえず、今日は引き返してくれ。出来れば一生現れないで欲しいくらいだけど
you
ほら、立って。優しいくノ一が玄関まで案内してあげる
seungcheol
seungcheol
 どこが優しいんだよ…… 
you
 なんか言った? 
seungcheol
seungcheol
なんでもないですお願いしますありがとうございます

一人で大丈夫か?と心配するスニョンを説得して、私はスンチョルを玄関口まで送った。

you
じゃ、また。出来ればもう会いたくないけど、会う日が来るんでしょうね
seungcheol
seungcheol
 こんな奴のどこがいいんだか…… 
you
 聞こえてるけど 
seungcheol
seungcheol
すみません帰ります送って下さりありがとうございました
you
 はーい 

小走りで去っていく彼が遠くの校門を出たことを確認してから、私は教室に戻った。

プリ小説オーディオドラマ