無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

その後 ―きゅう― 大事な物
私、あなたは今非常に焦っております。
何故か?


それは物凄く大事なものを無くしたから。


ジミンにもらった大事な大事なネックレス。












昨日部屋に置いておいたのに···。

どこを必死に探しても見当たらない。
ソユン
ソユン
オンニどうしたの?
サラン
サラン
さっきからすごいソワソワしてるけど
やっぱり分かるよね。
YOU
YOU
実はジミンにもらったネックレスなくしちゃったの
サラン
サラン
えぇっ!?
ソユン
ソユン
急いで探さなきゃ!
私たちは3人で頑張って探した。

だけどどこにもなかった。
ジェヒ
おんま?
ジャへ
ちたの?
子供が心配してくれる。
YOU
YOU
オンマの大事なネックレスなくしちゃった~。アッパにもらったのに
するとジェヒとジャへは分かっているのかな、無言で色んな所をあさりはじめた。
ノア
おんまぁ
ソユン
ソユン
ねぇ、あなたオンニのネックレスなくなっちゃったんだって!
ソユンがノアに語りかけるとノアも探し始めた。


1歳なのに皆ありがとう。
チェファ
んまぁ〜
次に現れたのはチェファ。
チェファは何も言わないでもジェヒとジャへの真似をして色んな所あさってますㅋㅋ








だけどやっぱりどこ探しても見当たらない。
マンネライン
どうしたの?
まずい···ジミン来ちゃった。
私たちは皆無言で黙ってるしかなかった。
テヒョン
ソユンどしたの?
ジョングク
え、何?サラン教えてよ
ジミン
あなた?何、どうしたの?
ジミンたち疑問が多すぎて立ち尽くしてる。



言うべきなのか言わないべきなのか。










するとソユンがテヒョンに何か話した。
するとテヒョンがそれをジミンに。
ジミン
そうなの?そんなの気にしないでㅋㅋ
ジミンは笑ってた。
YOU
YOU
でもッ···。大事なものだったのに
抱きしめてくれたジミンの腕の中で涙がボロボロ溢れだす。
ジミン
ネックレスより思い出の方が大事だし、子供たちも心配してくれてる。大事なものはもういっぱいあるでしょㅋㅋネックレスなんてどうでもいいじゃん。ね?また買いに行こ?
まるでお母さんみたいに私を慰めるジミン。
YOU
YOU
うんッ···
私は結局ネックレスを諦めた。




だってそれより、大事なものを見つけたから。