無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🌚
()


















ユン・あなた
📱、、、、マネージャー?





BTSと言う名前は街を歩いたらたまに
聞く事がある
でも何の集まりかはよく知らない
そんな知らないグループのマネジャーになってもいいのだろうか
パンPD
パンPD
📱君は、ダンスと歌の才能が
ずば抜けてる



そうか、、

でも、私は愛想のかけらも無い。。。
ユン・あなた
📱私冷たいですよ。。。








今まで数え切れない程
人に冷たいと言われてきた
誰も私に近づかない
私を必要としてくれない


















パンPD
パンPD
📱それが良いんだ
ユン・あなた
📱え、
パンPD
パンPD
📱君には冷たいからこそ
できる事がある
パンPD
パンPD
📱今までのBTSのマネジャーは
甘すぎだ
パンPD
パンPD
📱BTSのメンバー目的で来てる
やつもいる
パンPD
パンPD
📱BTSのマネジャーになるには
7人の事をちゃんと責任持って厳しくしなければならない
パンPD
パンPD
📱BTSのメンバーがもっと
成長する為に





もっと成長する為に"
でも、私はちゃんと責任を持てるのだろうか















パンPD
パンPD
📱給料はかなりつく
ユン・あなた
、、、
パンPD
パンPD
📱お願いだ



これを断ったら終わりの人生しかない

期待してもいいのだろうか
たった1度のチャンスに



















ユン・あなた
はい。
ここから私の第2の人生が始まる"





next➠