無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

🌚
()






















~居残り練習中~





ユン・あなた
こう
🐨「こうですか??」
ユン・あなた
そうそう





今、ヌナと居残り練習♪



めちゃくちゃ楽しいです\(*ˊᗜˋ*)/














ダンス下手で良かったぁ((ダメよ



ヌナと二人きりって、少し緊張するけど
さっきからヌナがサポートしてくれて
上手く行ってる














ユン・あなた
ゆっくりで良いよ





ヌナは大人の余裕ってものがあるからか



凄く落ち着いててリードしてくれる



女性にリードされるのは
少し恥ずかしいけど



ヌナに流されるのは悪くないような


















ヌナの言う事は全部聞ける"




よく分からないけどそんな感じ














ユン・あなた
って、もうこんな時間!!
🐨「え、」
ヌナが慌てて時計の方見ながら
言うから僕も見てみたら



時計は10時を指していた


え、はやっ!!(´ºωº`)



ユン・あなた
ごめんね、ナムジュン
🐨「いやっ、全然!!」




🐨💭逆に嫌だ😔










next➠
あれ、切り方とは?ヽ(°∀。)ノ←