無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

85
2021/07/05

第4話

🌻3
それから俺とあなたは仲良くなり


いつしかあなたのことを好きになってた




俺たちはお互いバスケ部だったから体育館で会うこともしばしば…
(男バスと女バスは別々の部活です。)


まぁ、運動神経もよくて元気で明るくて怖いもの知らずで、、


きっとそんな所に惚れたんだろうな




初めてあなたのプレーを見たときは本当に驚いたな〜


まだ一年なの強そうな先輩を抜いて華麗なレイアップ


俺も中学からやってたけどさすがに先輩相手にあんなんできないわ



『なぁ、お前バスケ上手いんだな』


天野「そう、?」


『うん、先輩相手にスゴすぎ!』


天野「ありがと😊」



結構あの「ありがと」でズキューンって殺られた気がするわ笑