無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

好き③
ついてきて




そう言われてついていくと、夢の中で玲於さんと話した場所に着いた


 














ここ、覚えてます
玲於
うん。…夢の話なんだけど、
寝てるときだけ、入れ替わるみたいです
玲於
そうなんだ…
あと、気づきました
玲於
何に?
…わたし、壱馬のことが
玲於
それ以上は、本人に言いな
っはい…











好きだ

壱馬の事が。























亜嵐
壱馬!
壱馬
亜嵐さん、どうしたんですか?
亜嵐
あの子と、どうなったの?
壱馬
どうなったって…
亜嵐
好きなんでしょ?俺には分かるよ〜
涼太
えっ、なになに?好きな人?
壱馬
涼太さんまで…
涼太
だれだれ?
亜嵐
なんかねー、結構かわいい子だよ
壱馬
まぁ、かわいい、です…
涼太
好きなの?
壱馬
…はい
亜嵐
うまく行くといいねー
壱馬
はい
涼太
応援してるよ!
壱馬
ありがとうございます









会いに行ってみようかな…