無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

出勤
新しい幹部の存在に様々な思いを抱えたまま
会社に到着した。






一見普通の会社に見えるここ
このビルの地下に俺たちの本部がある









上の部分のビルもうちの会社だが、
そこで働く奴らはみんなHitmanになりたての者ばかりだ。









ウィーーーーン





Hitman
Hitman
おはようございます!!!!
ジミン
ジミン
ああ、おはよう☺️
グク
グク
おはよーー!!
テヒョン
テヒョン
おはよう😊
Hitman
Hitman
(やっべ!朝から幹部に会えたー!)





一応俺たちは"選ばれた者"









全てのHitmanに存在はもちろん顔、名前まで
知られてしまっている。









だから真っ先に殺られるのは俺らって訳だ。









初心者Hitman達を横目に俺たちは地下へ繋がる
1つしかないエレベーターに乗った









テヒョン
テヒョン
ジミナ、疲れねーの?
その貼り付けたみたいな笑顔
ジミン
ジミン
ん?なんのこと?☺️
グク
グク
それですよ


俺の本性は限られた人にしか知られないようにしている。
だからよく知らないHitman達の前では
"優しいジミン"を演じているんだ。









ジミン
ジミン
フゥーー
疲れない訳ない
ジミン
ジミン
でも後々楽だろ?
優しいって印象付けて舐められといたほーが
グク
グク
……まぁそーですね




チーーン



そんなこんな話しているうちに本部に着いた









グク
グク
えーと,,,
まずは社長室に行きますか?
テヒョン
テヒョン
そーだな
???
???
その必要はない
テヒョン
テヒョン
!?!?
ジミン
ジミン
社長……
パン・シヒョク社長
パン・シヒョク社長
おはよう
パン・シヒョク社長
パン・シヒョク社長
君たちは会議室に向かってくれ
他の4人も既に待っている
パン・シヒョク社長
パン・シヒョク社長
僕もすぐに行くよ
グク
グク
わかりました。

スタスタスタスタ









ジミン
ジミン
他の4人も……
嘘じゃないみたいだな。新しい幹部
テヒョン
テヒョン
ああ。
とりあえず行こう。ヒョン達が待ってる