第6話

#5 いざ、宮城へ
お母さん使い回しますごめんなさい…

〜黒尾side〜
黒尾鉄朗
かーさーん
黒尾鉄朗
俺宮城行くから金ちょうだい
お母さん
お母さん
は?!
お母さん
お母さん
何言ってんの
黒尾鉄朗
じゃあいい。自腹で行く。
多分日帰り。
家を飛び出し、中央線に飛び乗る。
景色が流れていくのを車窓から見る。

朝、研磨と話したことを思い出す。
黒尾鉄朗
俺があなたに恋を教えてやるよ
孤爪研磨
孤爪研磨
…クロには無理
俺だってやる時はやるぞ〜?




…待ってろよ、あなた。
新幹線車掌
次はー仙台ー仙台ー
黒尾鉄朗
あー着いた着いた
菅原孝支
あれ、音駒の長身、
黒尾鉄朗
あ?そーいや烏野にあんなんいた気が…
菅原孝支
お前なんで仙台に?
黒尾鉄朗
…幼なじみに恋を教えに来た
菅原孝支
…は!?なにそれ!?
黒尾鉄朗
まぁ俺にしかできないことだからわかんなくてもしょうがないかぁ(煽
菅原孝支
…仙台土地勘ないだろ?案内するべ!(爽やかスマイル
黒尾鉄朗
おお、じゃあ頼むわ
菅原孝支
幼なじみの家行きたいんだっけ?
黒尾鉄朗
あぁ、ここなんだ
年賀状の住所を見せる
菅原孝支
ここ、俺ん家とめっちゃ家近い!
菅原孝支
よっしゃ着いてくんべ!
黒尾鉄朗
おお
あるアパートの前に到着
菅原孝支
ここ!
黒尾鉄朗
おお、案内ありがとな、じゃあ。
菅原孝支
ちょっと待ってよスガさんを置いていくの!?
黒尾鉄朗
え、くるの?(煽
菅原孝支
ここまで案内してさよならって寂しだろ?
黒尾鉄朗
初対面の女子の家に乗り込む高一…(煽
菅原孝支
え、女子なの!?
黒尾鉄朗
おお
菅原孝支
…まあいいはず!
おら、行くぞー!
家のベルを鳴らす
あなた

(ドアを開ける
…はーい…
え、クロ…!?
と、初詣で見た烏野の人…

黒尾鉄朗
おーあなた久しぶり、
てかスガとあなた面識あったのかよ〜
菅原孝支
いや、見かけられてただけだべ?
黒尾鉄朗
ふーん
じゃあスガさよならー
あなた、家入れてくれ
菅原孝支
わかりました帰りますよー、
二人が部屋に入る


ここからあなたさん視点
あなた

突然どうしてきたの…?

黒尾鉄朗
お前に恋を教えに来た
あなた

…ちょっと、何言ってるの…?

黒尾鉄朗
研磨
あなた

…!

黒尾鉄朗
お前どーせ恋もまだわからないおこちゃまのままなんだろ?(煽
あなた

…恋は、よくわかんないけど

黒尾鉄朗
そんなんじゃいつまでたっても研磨迎えにこねーぞー
あなた

…自覚は、してます…

次の瞬間、クロに床に押し倒されていた
黒尾鉄朗
…どうだ、ドキドキするだろ
あなた

恐怖のドキドキじゃない、?

黒尾鉄朗
お前はそうやって恋しないようにしてんだよ
黒尾鉄朗
自分で自分の首閉めてっぞ
あなた

……そんなこと、言われても

クロから視線を逸らす。
確かに鼓動はいつもより早い。
でも、クロだよ…?
トサカだよ?
黒尾鉄朗
俺の顔を見ろ。
心臓が跳ねた。
クロ、なの?
クロじゃないみたい。
まるで少女マンガに出てくる俺様男子のようで
黒尾鉄朗
お前のことを好きなのは研磨だけじゃない。俺もその1人なんだよ
今度は呼吸が止まった。
内臓がさっきから忙しい。
辺りはしんとしている。
それはそのはず
今うちにいるのはクロと私の二人だけ。
妙な静寂に包まれる。



次の瞬間。
クロの顔がこちらに近ずいてくる。
反射的に目をつぶる。


おそるおそる目を開けるとクロが横でへたり混んでいた。
黒尾鉄朗
いやー俺こーゆーの慣れてないから無理だわ
黒尾鉄朗
研磨にさ、あなたに恋を教えるって言ったんだよ
黒尾鉄朗
あいつ、お前が恋を覚えるまで迎えにこねーぞ
あなた

…研磨…あいたい、な
研磨のことを考えると胸がきゅーってなる。でも、恋、なのかな

あなた

その感覚感じるのは、研磨だけじゃないんだ。さっき、クロにもその感覚があったの

黒尾鉄朗
まだまだ恋を覚えるには遠そうだな
黒尾鉄朗
…秋刀魚ある?
あなた

あ、うん、あるよ

2人は何事も無かったように秋刀魚をたべ始める。
黒尾鉄朗
じゃあ俺、日帰りだから、もう帰るわ
あなた

早いね…寂しいよ

黒尾鉄朗
また来るから。今度は研磨も誘って
あなた

…うん、

黒尾鉄朗
あ、LINE交換しよーぜ
あなた

ああ、うん

黒尾鉄朗
よし、交換かんりょー
じゃ、またな
あなた

うん、またね

ドアを閉める






なん、だったの、今の

くろ、だよね?

……好きって、言われた?

あぁもう、恋って難しい…

















〜黒尾side〜

その日の夜
黒尾鉄朗
寝れねー、
研磨、まだ起きてるよな。
行ってみっか
黒尾鉄朗
研磨ー
孤爪研磨
孤爪研磨
…なに
黒尾鉄朗
やっぱ起きてたか
寝ないと身長伸びないぞー(煽
孤爪研磨
孤爪研磨
…クロは寝てばっかりだから図体無駄にでかくなったんじゃない
黒尾鉄朗
無駄じゃないんで大丈夫ですー
黒尾鉄朗
…俺さ、今日宮城行ってさ
孤爪研磨
孤爪研磨
…!?
黒尾鉄朗
告ってきたわ。あなたに
孤爪研磨
孤爪研磨
…エイプリルフールまであと3ヶ月以上あるけど大丈夫…?
孤爪研磨
孤爪研磨
…返事は…?
黒尾鉄朗
ない
黒尾鉄朗
返事されなかったわ
孤爪研磨
孤爪研磨
…へー
黒尾鉄朗
あ、見ろよこれ
あなたとのLINEを見せる
孤爪研磨
孤爪研磨
…!?
…なんで…
黒尾鉄朗
だからあって来たんだって
黒尾鉄朗
…次研磨連れてくるっつったら嬉しそうだったぞ
孤爪研磨
孤爪研磨
…それ、早く言って





























はいー!今日は長かった!
告白1番手は黒尾くんでしたねー
ちょっと恋すると俺様になっちゃう黒尾くんを描きたかったので捏造多めです…キャラ崩壊すごい気がする…
今回はスガさんとも話したので、略奪組が頑張りましたねー
次は、ようやく!高校です!
ノヤさん!初登場!
乞うご期待!