無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

ストーリー37
二宮和也
二宮和也
あの時、抱っこしてからもその子漏らしちゃって…みずきの制服大変だったけど…みずきは怒りもしないで優しかった
松本潤
松本潤
あの子、うまく話出来ない子だったよな
相葉雅紀
相葉雅紀
でも、みずきは学校まで、話してた
櫻井翔
櫻井翔
学校に着いてから、みずき着替えさせてもらって…その後、みんなと遊んだんだよな
大野智
大野智
そんな事があったんだ
松本潤
松本潤
口じゃ何も言わなかったけど…
みずきは、全て同じって事を教えてくれた…健常者でも障害を持っていようが、みずきには関係ないんだって…
二宮和也
二宮和也
たまに学校に遊びに行ってたけどね😆
相葉雅紀
相葉雅紀
みずき、みんなに好かれて😊
松本潤
松本潤
それからかな?俺達も考え方が変わったの
櫻井翔
櫻井翔
だな…
二宮和也
二宮和也
だから俺達は、みずきが、どうなっても同じだよ
相葉雅紀
相葉雅紀
みずきに教えてもらった…大切な事
大野智
大野智
みんな、ありがとう😊
松本潤
松本潤
あの時、みずきに大丈夫か?って聞いたら笑って『何が?制服?洗えば大丈夫だよ👌って言うか、みんな可愛いよね〜』って
相葉雅紀
相葉雅紀
みずきらしいよね😊
櫻井翔
櫻井翔
智兄ちゃん、俺達なら大丈夫だから👌
明日、また来る
大野智
大野智
みんな本当にありがとう😊


気をつけて帰れよ