無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第2話、異変
西城香
......ここが技術部
東条桜子
お、来たな待ってたで!西城香はんだったかな?
幼さない女の子だった
西城香
貴女が、技術部の...
東条桜子
あい、うちは東条桜子、腕輪・機人・武器を製造調整とかもやってるで
西城香
私は、西城香です
東条桜子
ほうかほうか、腕輪やったなまあ、こっちに来てえな、
西城香
はい、
作業室に入ったら机に赤、青、緑、紫の色付けされた腕輪があった
西城香
これが腕輪・・・・
東条桜子
そや、赤がアタッカ-で青がガンナ-、緑はディフェンダーで紫がヒ-ラ-や、
西城香
なるほど、
青の腕輪を持ち
東条桜子
あ、そや1つ注意しとくで、腕輪は一度つけたら二度ととれへんよ、それでもええならつけるけど
西城香
構いません
東条桜子
分かったじゃあ、そこの別途に寝て力を抜いとき
西城香
はい、
寝る
東条桜子
じゃ今からやるで
そういい、西城の左腕に青の腕輪を着けて
東条桜子
ちょっと我慢しいや
瞬間激痛が走った
西城香
アッ!アァァァァァァァァァァァァ!
焼けるような痛みでベットから転げ落ち、うずくまる、
東条桜子
大丈夫や大丈夫や、
5分後
西城香
ふう、ふう、
東条桜子
うん、無事くっついたな、お疲れさまや、
西城香
ありがとうございます、これで機人が扱えるんですね
東条桜子
まあまずは、身体を慣らす必要があるで
西城香
わかりました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
極東支部軟性にあるB地区の旧市街
風間勇治
居ないか
機人に乗りながら周りを見る
風間勇治
オペレーター、<イレギュラーゲ-ト>がでたのはここだよな
オペレーター[はい、確かにゲ-トの出現を確認しました。]
風間勇治
そうかオペレーター、ソナ-を頼む
背中に担いでるブレ-ドにいつでもできるよう準備しながら歩く
オペレーター[わかりましたソナ-を使いますね、]
風間勇治
頼む
瞬間機人の回りから周波数が流れた
オペレーター[風間さん!反応あり狼型、大きさは中型種です!]
風間勇治
分かった、
ブレ-ドを抜く瞬間刃が赤く発熱した
機械獣(狼)[グルル.......]
風間勇治
おいでなすったか、
建物の上や背後など風間を取り囲むように集まった
風間勇治
1......2......3......6体か、
狼型の機械獣は、必ず群れで活動し対象を物量で攻める、連携がすごく侮ってはならない
機械獣(狼)1[アオォォォォォォォォォォォン!]
一匹の遠吠えにより一斉に襲ってきた、
風間勇治
こいよぉ!ワンコロ!
ブレ-ドを構える
二匹の狼型が左右から噛みつこうと襲ってきた
機械獣(狼)2[グルァァ!]
機械獣(狼型)4[グルァァ!]
風間勇治
ふっ!
体をねじるようにかわしてその回転で一匹を叩き切る
機械獣(狼型)2[キャイン!]
機械獣特有の青黒い血を撒き散らし吹き飛ばされた
敵意を表すように唸る
風間勇治
おら!
さらに回転の力で狼型の首を切り飛ばす
30分後
風間勇治
よし、終わった
瞬間、近くでゲ-トが開く
風間勇治
!?
オペレーター[未確認イレギュラーゲ-トが開きました!風間さん気をつけて!]
風間勇治
ああ、
ブレ-ドを構える
機械獣(?)[グルル......]
しかし、風間には近く気配はなく狼型の死体にに近づき
機械獣(?)[・・・・・・]瞬間口から火花が出て狼型を削るように食べてる
風間勇治
敵意はないみたいだぞ
オペレーター[そのようですね、]
機械獣(?)[けぷ、]狼型を一匹丸ごと削り尽くした瞬間、背中から、鉄の箱がでてきた、そのあと、他の狼型の死体に近く
指令室
四宮大悟
なるほど、敵意はないみたいだな、そして機械獣の死体を解体して鉄の箱に変えると、新種みたいだな、
オペレーター[そのようですね、風間さん、帰投の準備を、]
風間勇治
あれどうする?
新種の機械獣と次々出てくる鉄の箱を見る
オペレーター[大丈夫です、あの鉄の箱は後で回収にいき、技術部に解析してもらいますから]
風間勇治
分かった、帰投する
そういってる間に、狼型がすべて鉄の箱に代わり、新種はゲ-トの向こうえきえた
風間勇治
きえた、おっ来たな
機人専用輸送機が来た、機人の身長は約15Mなのですごいでかい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
帰投後支部、第一遊撃隊専用支部
西城香
おかえりなさい、風間さん、
風間勇治
ああ、そういえば、お前学校も掛け持ちだったけ、
西城香
はい、高校生です、
風間勇治
そうか、腕輪もつけたな
西城香
はい、痛かったです
風間勇治
確かに痛いな、
西城香
はい、
風間勇治
明日学校だろ?休め、
西城香
え、なぜですか?講義は....
風間勇治
腕輪との親和性を高めるためだ
西城香
はい.....分かりました
風間勇治
そうがっかりしなさんな
頭に手を置き撫でた
西城香
!?\\\\\\\\\\\\\\
明日学校終わったら迎えに行くから
西城香
はい、\\\\\では、お先に失礼します、
風間勇治
ああ、お疲れさん、
東条桜子
見てたで、風間はん....
にやにやしながら入ってきた
風間勇治
桜子か見てたのか、
東条桜子
いや、通りかかっただけや、しかしタラシやなあ、風間はん、
風間勇治
俺がか?
東条桜子
そうやで、新人さんをもう丸め込んでるからなぁ、近いうちに支部の女性隊員を手駒にするかもなぁ
風間勇治
するわきゃないだろ!
東条桜子
あはは、風間はん怒った!大人げないわぁ!
逃げた
風間勇治
チッ!逃げ足が早い
アナウンス[風間大佐、風間大佐、至急第一会議室に来てください]
風間勇治
呼ばれたか、なんだろうか
重い足を引きずりながら会議室に向かったのだった