無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

訓練兵そつぎょー
その後宿舎に戻ったら…
ミカサたん
ミカサたん
あなた!何かされてない?
貴方
何もされてないよ!
大丈夫!少し話を聞かれただけだよ!
ミカサたん
ミカサたん
そう…良かった!
コンコンッ
アルミンたん
アルミンたん
ミカサ!あなた!
これから卒業式だよ!!
貴方
あっ!忘れてた!
ミカサっ!早く行こっ!
ミカサたん
ミカサたん
うんっ!
その後色々話聞いて選択する時になったよ!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
調査兵団になりたい者以外はここから去れ!
貴方
そいえばエレンたんいないなー
ミカサたん
ミカサたん
エレンはもう調査兵団だよ!
貴方
あっ。そうなのね
皆ビクビクしてるけど
104期生の皆はモブ以外死なないのさ!
でも…サシャが殺されちゃう…!
いやぁーーーーー!
ベルトルトとライナーは今はちっちゃくて
柔らかいけど巨人になれば削ぎ落としてやるぞ!
アニもここにはいないけど調査兵団の皆を山程
殺したんだ!許さないぞっ!

ベルトルトの奴ビクビクしやがって…
ふざけんなよ?!お前のせいで何人死んだと
思っていやがる…
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
よく恐怖に耐えたな…
その後制服配られて壁外調査にやってまいりました。


なんか知らんけど私は特別作戦班に入れられました。


リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
あなたお前には言っておく。
今回の作戦h
貴方
あぁ!知ってるんで大丈夫ですよ!
裏切者を捕らえる為なんですよね!
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
そうか。
この事は絶対に誰にも言うな。
貴方
わかってますってぇ〜
壁外で女型の巨人が私たちを追いかけてる
貴方
よーし!
女型の巨人!ぶっ倒してやるぞ!
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
お前ここで戦うつもりか?
貴方
もっちのろんです!
兵長にだけ言いますけどこのまま
逃げてたらエレンと兵長以外死にます。
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
本当か?
貴方
はい
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
分かった
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
今ここで女型の巨人を仕留める!
全員刃を抜いて一斉に飛びかかれ!
エレンは巨人になるな!
万が一の時に備えて人間のまま戦え!
エレンたん
エレンたん
了解!
皆で一斉に女型に飛びかかって
だんちょー達の所まで何とか誘導した
(めっちゃ矛盾してるよね。ごめん。
今ここで仕留めるとか言ってんのに誘導してるし)
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
撃てーー!
団長の声とともに銃声が鳴り響いた
貴方
うわぁーーー!
うるせぇーーーーーーー!
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
お前の方がうるさい。
ちなみにここは原作と一緒で
へいちょーとあなた以外はエレンを守る為先に行ってます
貴方
へいちょー!だんちょー!
提案があります!
このまま項を削ぎ落とそうとしたとしても
女型の巨人は硬化の力があるので
刃が無駄です。なのでこのまま
体を固定してこっちに巨人を
呼び寄せてください。
そうすれば中の奴は出てきます。
そこを捕らえましょう!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
そうか。だが一応その硬化の力があるのか
確かめてみてもいいだろうか?
貴方
はい!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
リヴァイ行け
へいちょは女型の項に斬りかかったけど
ダメでした
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
本当だと確証が得られた。
あなたの作戦に乗ろう