無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

96
2020/12/08

第6話

邪気
屋上で良守(本人)は寝ていたが、突然起き上がり
良守side
良守
良守
ッハ、式が消えた、いや、消された
良守
良守
今日のはいつもより精巧に作ったし、強度も上げておいた・・・事故じゃない
✄-------------------‐✄
限
・・・
限は、片手を変化させた
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
良守
良守
!!邪気
あなた

!!邪気、限?!

良守達は急いで邪気の気配がした方へと急いだ
邪気のした方へと行くと、壁に大きな爪痕のようなものがあった
良守
良守
・・・っ
良守は驚いて目を見開いた
時音
時音
良守!
時音が走ってきた
時音
時音
なんなの?今の邪気は
時音も壁を見ると
時音
時音
・・ッ!これは・・・
良守
良守
よくわかんねぇが、ハッキリしてるのは、人間業じゃねぇってことだ
良守
良守
俺の式がここでやられた
時音
時音
あんたの式が?
良守
良守
誰かが消しやがった
タッタッタ
時音
時音
?!
良守
良守
?!
あなた

?!(人がいるわ)