無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

いつものいちにち
おはようございます!あなたです!


『たかひろー!おきてー!』

紫「…」



ん、よしあとに回そ。


ガチャッ__

『淳くん…?』

黄「ままぁ…?」

『今日、幼稚園だよ』

黄「あっ、そうや!」

『おはよーさん((ニコッ』

黄「おはよ!ぱぱおきてるん?」

『ぱぱはねぼすけさんだから寝てるよ』

黄「じゃあ!おれ、あきとと、だいきおこす!からままは、のんちゃんたちおこして!」


おぉ、なんだこんな出来のいい息子

『うん!ありがとうな、!淳くんよろしゅうな!』

黄「まかせて!」


ガチャッ___

よし!ふたごちゃんと、末っ子おこそ!



ガチャッ___

『智くーん?流くーん?起きてー?』

緑「んぅ?」

青「すぅーすぅー…」

なんや天使ちゃんがおる…(๑´ω`๑)♡キュン

『智くん起きれたね!』

緑「おはよぉまぁま」

『智くんままのんちゃん起こすから流くん起こして?』

緑「ええよ!」


これが智くんの朝の日課です!

『のんちゃんおきてー?』

桃「まぁま…?」

『ままやで?』

桃「まぁまあっこ!あっこ!」

『はいはいー一緒に流くん起こそーね』

桃「とぉも!」

緑「!のんちゃん!」

桃「りゅーしぇ」

青「!」


なんでままの声で起きひんで、のんちゃんの声で起きるん?寂しいわー

赤「アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ」

あっ、崇裕あなたが起きないのが悪いんだよ…

青「まぁまおっきしゅる」

『みんな下行こうね』

緑「ともかぁだんひといであるく!」

かぁだん笑

青「りゅーも!」

桃「のんちゃも!」

『智くんと、流くんはええけどのんちゃんは大きくなったらね』

桃「(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…」

不機嫌ですね望さん笑

「「おはよー」」

紫「おはよーもぉーあなた聞いてえな!」

『崇裕が起きひんのが悪いんやろ』

紫「でも…」

『でも…?(#^ω^)ビキビキ』

紫「ごめんなさい」

赤「ぱぱ、ままに怒られてるーアヒャヒャヒャヒャヒャ」

橙「ままーもんちのパジャマきょうみどりのおさるさんなんやー!」

もんちとは智くんのことでパジャマがお猿さんの着ぐるみだから、もんきー→モンチッチ→もんち となったそう


『そうやでー』

黄「ごはんまだー?おてつだいすんで?」

『じゃあ、スプーンとお箸もってって!』


とんとんとん__


緑「まぁま、おてつだい、とももとんとんしゅる」


流石に包丁はだめっす笑

『もうちょっと大きくなったらね』

緑「(。˘•ε•˘。)」

あっ、拗ねてる可愛い

橙「お腹空いたー」




『はーいもうちょっとできるでー!』