無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

314
2020/11/28

第16話

🔍
wato
クミさんはいないと?
そうwatoさんが言った頃には

辺り一面、橙色に染まっていた。
あちゃみ
クミさんも誘ったんだけどね〜
あちゃみ
なんか予定があったみたいで
wato
そーなんや
wato
クミさんも一緒に行きたいな〜


アイクside
なんだろう、この感じ。

今watoさんの頭の中にクミさんがいるのが
なんか嫌な感じだな…。
watoさん…………。

自分(俺)のことを見てくださいよ……。
自分はいっつもwatoさんを見てるのに
watoさんはちっとも見てくれない。


……………って、何考えてんだろ。。
バステン(敦夫)
そろそろ帰りません?
よっぴー
そッスね
バスでの帰り。

人数が奇数だから1人あまってしまう。
当たり前のように

あちゃみさんはソーラさんととなり。
Yさんはともさんととなり。
watoさんは………


バステンさんととなり。























もう…………………
よっぴー
アイクさんどしたの?
アイク
え?あ、何でもない
とも
アイクさん1人席寂しいんでしょ〜?
アイク
そんな事ないですよ‪w
そんな事…‪あるんです
よっぴー
じゃあ3人席座りません?

Yさんの提案で
ともさんを真ん中にして3人で座った。


あの人と隣じゃないバスの中は

とっても長い時間のように感じた。