無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

第13話
私
ふぅ…
私
なんか蘭さんて一緒に話してて楽しいし、頼りになるなぁ〜
家康様の御殿に戻った私はお風呂に入らせてもらっていた。
私
それにしても…
私
どうやって元の時代に戻ればいんだろうҨ(´-ω-`)
と、考えてると水が頬を伝ってポチャッっと音をたてて湯船の中にはいっていった。
私
え、
私はすぐに自分の頬を撫でた
私
っ…
私はいつの間にか無意識に泣いていたみたいだった。
私
…っ、
頑張って声をこらえて泣いた