無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,224
2019/02/25

第62話

55.
色々なサプライズがあって、私はもう何が何だか...

でも、次は翔からの手紙(?)みたいなやつだから
ちゃんと聞かなきゃ。
櫻井翔
櫻井翔
あなたへ。

あなたとの出会いは本当に偶然だったよね。
街角でぶつかって、数年後に再会っていう...
本当に、少女漫画みたいな笑
でも、少女漫画みたいな出会い方でも、
あなたに出逢えて本当に良かったと思ってる。
もし、あなたが美容師をヘアメイクを目指してなかったら。
その前に、俺達のことを好きになってなかったら。
世界で何億通りもある組み合わせの中で、俺達は出会い、
付き合い、結婚した。
その、幾つもの偶然が重なりに重なって今こうして、
形となって現れてる。
その偶然たちに、他のメンバー4人に、家族に、友人に。
そして何より、あなたと出逢えたことに感謝して、
一緒に人生を歩んでいきたいと思います。

あなた、これからもよろしくお願いします。
大好き、いや、愛してるよ。 翔より
あなた
あなた
翔...‪( ´•̥  ̫ •̥` )‬
相葉雅紀
相葉雅紀
それでは、ここで、
俺たち嵐からあなたちゃんへの
サプライズプレゼントです!
あなた
あなた
へ...?
そして、愛を叫べのイントロが流れると同時に、
5人がが並んで踊り始めた。


これは...サプライズ...なのかな?


そして曲は流れ、
終盤の山パートに。

本来なら、翔くんと智くんがハートを描くはずだが、
今回は大宮がハートを描き、その中に私達が
いるっていう状況に。

説明できてるかどうかわからないけど、
私も結構パニクってたっていうか、
混乱してたっていうか...嬉しかったよ?

嬉しかったんだけど、急すぎてびっくりした。

そして、私へのサプライズ(?)は終わらず、
そのあとは、One Loveを熱唱してくれた。

おかげで私は顔がグチャグチャ笑


でも、それだけ嬉しかったよ。
ありがとう😊






...でも、あんな日が来るなんて思ってもいなかった。