無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

「今日はきっといいことがある。自信を持って。」
この一言。
これを呟かないと俺の1日は始まらない。


七海ちゃんと付き合うまでは


「自信」が持てなかったんだ
井上 春翔
おはよう、
春翔大好き女子たち←
春翔くん、おはよう♡
井上 春翔
あ、おはよう。
春翔大好き女子たち←
きゃー!挨拶してもらえた死ねる!←
男子軍団
おいー春翔。おせーよ
井上 春翔
わりぃ、朝練
男子軍団
おぉ。おつかれ。
井上 春翔
あざっす
俺、春翔はサッカー部。
モテてて影でファンクラブもある。らしい。
あんまり勉強は得意じゃない…
普通くらいかな。
先生
はーい。座れー
先生
おい、井上ー
井上 春翔
なんですか?
先生
昨日も忘れ物あったぞー
井上 春翔
あ、さーせん。
先生
はい、気をつけろよ
井上 春翔
うぃっす
先生
はーい、じゃあ朝礼は以上だ。
男子軍団
いいよなー。お前は
井上 春翔
は?なんで?
男子軍団
先生たちのお気に入りだぜ?
井上 春翔
そんなことねぇよw