プリ小説

第11話

デート
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
あなたー。起きてー。俺の親帰ってきちゃったよー。
私
んー。
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
寝ぼけてる場合じゃ無いよー。
母
ただいま。
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
お帰りなさい。お母さん。
母
あら、まだ寝てたの?
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
なかなか起きなくて。
母
土曜日なんだからもう少しゆっくりしてなさい。
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
ありがとうお母さん。
そしてしばらくまた寝た。
私
じょしゅあ先輩ー!起きてー!
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
う、うるさっ。
私
どっか出かけましょー!
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
もしかしてデートに誘ってる?
私
そうじゃなくて...じゅんとゆうに誘われたんです!急いでくださいよ!
急いで待ち合わせ場所へ行くとじゅんとゆうが待っていた。
じゅん
じゅん
遅いよー。
ゆう
ゆう
遅いよ。
私
ごめん〜。
先輩が起きるの遅くってさー。
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
(え?遅いのは俺じゃなくてあなただったよ?)
私
(ごめんなさい。許して!)
ゆう
ゆう
じゃあ行こっか。
私
ていうかどこ行くの?
ゆう
ゆう
着いてからのお楽しみ!
結局着いたのは遊園地だった。
私
お化け屋敷は絶対だめだからね!言ったからね。
ゆう
ゆう
じゃあ行こー
私
えぇー。
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
俺がいるから大丈夫だよあなた。手でも繋ごうか?
私
却下です。
無理矢理手を繋いできた。大きくて暖かかった。
私
ぎゃあーーーーーーーーー。
ゆう
ゆう
怖がりすぎだよ。全部偽物なのに。
ようやくお化け屋敷から抜け出した。
じゅん
じゅん
あなた。大...
じょしゅあ先輩
じょしゅあ先輩
あなた大丈夫?
じゅん
じゅん
(え?何この気持ち。まだ好きなのかな。)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐥ピヨ助🐥
🐥ピヨ助🐥
韓国好きの04line. SEVENTEEN / WJSN / NCT / gugudanなど...
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る