無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

これから
うらたさんのファンいわゆるこたぬきになってから随分と経った

古参でも新規でもないと言ったところ

同担がどうしても受け入れられないのは同担拒否という独占欲、嫉妬等からのものらしい。
このことは仲良くしている友達数人しか話していない。
仲良くしていないとうらたさんにきらわれてしまうような気がして。


ライブにも何度か参戦し、この界隈にも慣れてきた
友達も沢山できた
それが楽しくて嬉しくて生きてる心地がして幸せになった
これもうらたさんのおかげだろう

明日はCDのリリースイベント。
リリースイベントは初めてなので今から緊張している…

私のことは覚えてくれるだろうか
嫌われないだろうか
嫌な気持ちにならないだろうか

そんなことを今日まで思い続けてきた
考えても仕方が無い。人の思考は変えられないもの。うらたさんに嫌われたら私はその時まで。

どうか、どうか、

嫌われずあわよくば覚えてくださいますように。

おやすみせかい