無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

👑










テヒョンside





















母さんから買い物を頼まれて



近くのコンビニに



夜、暗いけど



行ったんだ





























それがダメだったみたい



































帰る時にあなたさんを



見かけたんだ



話しかけようと思った



だけど































話しかけられなかった
























いや、





















正確には


















































話しかけたくなかったんだ