無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
237
2019/03/24

第18話

#17
一ノ瀬涼
一ノ瀬涼
ごめんね、ほんと。最後までちゃんとした先輩になれなくて。
先輩はこの重くなってしまった空気を溶かすかのように、

そう言いながら頭を掻き、笑った。
あなた

いや、気にしないでください。私にとっては、最初っから先輩はちゃんとしてますから。

私も、先輩に乗るように精一杯の笑顔でそういう。

私達はお互いにお互いをフォローし合うかのように、笑った。

そしてしばらくして、先輩が
一ノ瀬涼
一ノ瀬涼
そろそろ戻る……?
と聞いてきたから、私は小さく頷いた。


部の集まりに戻ってきた私を見て察したのか、

梨咲は私の背中を一度、大きく撫でた。

そして何度も何度も小さな声で
戸山梨咲
よく頑張った、あなた偉いじゃん
と繰り返した。

そんな梨咲の様子にも涙が出そうで、

私は嬉しい反面、勘弁してくれって心の中で思っていた。


この恋は、突拍子もないものだった。

自覚のないうちに好きになり、

自分よりも先に友達に気付かれてしまい、

否定し続けた挙句、本当はそれが真実で。

意識すればするほど好きになって。

気付かないうちに大切な想いになった。

嬉しかった。楽しかった。

でも、切なかった。心が苦しかった。

そんな感情を行き来して、ここまで来てしまった。


よく分からない恋だった。

自分に見合わない、輝かしい人に恋をした。

切ない恋だった。

話せば話すほど、先輩と後輩でしかないことを感じた。

楽しい恋だった。

先輩の笑顔を見てると、自分まで笑顔になった。

忙しい恋だった。

色々な感情が溢れ出て、大変だった。



言い方は沢山ある。

表そうと思えばなんとでも言える。

でも、ひとつだけ、確実なのは。
あなた

良い恋だった。

先輩に、恋出来て良かった。

そんな私の感情は、

誰に届くことも無い、小さな小さな音声として現れ、

儚く消えていった。














END